About Behind The Waves

by Jawshing Arthur Liou 劉肇興

The video art project “Behind the Waves” (波の後) is based on the foot journey in areas savaged by the 2011 tsunami in Japan. I will trek along the coastline in Fukushima, Miyagi, and Iwate Prefecture in spring 2014. In addition to documenting the entire walk with first person perspective video, the project aims to evoke a sense of resolve and empathy through the views of local volunteers. The walk is in and of itself a pilgrimage and a prayer for those who affected by the tragedy. The footage gathered on the road will be presented in web archives organized by this site and in future exhibitions.

The act of walking is an important metaphor in my work. It is a ritual, a meditation, and, in this project, an homage to the land. What I hope to capture is an active gaze that intensely visualizes the current, while in addition reflects on the past and the future. I do not seek nor avoid images of ruins and destruction. Since the ocean bears the most important witness, it will be constantly in view to remind us of the tragedy, the struggle, and, hopefully, both our vulnerability and resolution that makes us human.

ビデオアートプロジェクト「Behind the Waves(波の後)」は、2011年の津波によって破壊された地域を実際に自分の足で歩いて体験したことをもとに作成するものであり、このプロジェクトのために、2014年の春に福島県、宮城県、岩手県の海岸沿いの道を歩く計画を立てている。私自身の観点から見た全行程のビデオ記録を作成することを目的にしている。又、このビデオは、被災地の人々にも参加してもらって彼らの見解などを通して、ビデオを見る人々の間に共感を呼び起こし何らかの決断をうながす役に立てればいいと思っている。私が歩くこと自体は一種の巡礼であり、被災者に捧げる祈りである。この行程で撮影した映像はこのサイトのアーカイブに発表し、また将来、展覧会などでも公開するつもりである。

自分の足で歩くということは、私の仕事においては、重要な象徴的な意味がある。それは、儀式であり、メディテーションであり、そしてこのプロジェクトでは被災地に対して敬意を表するものである。私は自分の目でしっかり把握した現状を撮影したいと思っている。と同時に、これまでの経過と今後についても常に考慮に入れることを怠らないようにしたい。私は倒壊されたイメージを敢えて捜し求めることはしない。しかし、避けて歩くこともしない。海は最大の目撃者であり証人である。それは、常に我々の周囲にあり、悲しい出来事や苦しみとの戦いなどをいつも思い起こさせる。我々人間は、自然を前にして非常に脆い生き物である。それでも不屈の精神をもって奮闘している。願わくは、このような人間を人間たらしめる人間の特質も思い起こさせて欲しい。

Humble attempt, the goal of the project

First and foremost these projects are dedicated to and are meant to serve those who were directly affected by the disaster. Art has the potential of helping us dealing with the dark memory. This work may bring tension and ominous references, but the emotional element is not an end to itself. After experiencing fear and weary, one could receive fulfillment or uplifting feedback as form of therapy. The human response of empathy, crucial for transforming fearfulness into an ability to assist others in pain, could allow this body of work to reciprocate from one location to another.

In addition, I hope the work and its ensuing exhibitions will join the effort by many to engage in dialogs about our relationship with nature. This is even more poignant as we are still in the midst of an active nuclear crisis three years after the tsunami. For the average viewers, the disasters seem too distant to serve as a signal in response to our individual behavior and to the direction of our society as a whole. Many of us are heavily desensitized by the sensationalized media experience of the 21st Century, and can hardly fathom the scope of these events. I hope that the project will provide an alternative to that, which facilitates the communications and actions on a deeper, more personal level.

The recent event that most strongly compels me to work on this project is actually the border dispute between Japan and my home country Taiwan. The two co untries hold strong relationships together historically, culturally, and economically. They are the leaders in each other’s disaster relief effort with private donations reaching over billions of dollars. However, the animosity driven by the recent dispute seems to be escalating. While we do not have direct control of international politics, it is my sincere hope that projects like this will contribute to more exchange, understanding, and empathy between the communities.

ささやかな試み

――プロジェクトの目的――

まず第一に、このプロジェクトは、直接被害を蒙った被災者に捧げるものである。アートは暗い思い出に向かい合う時の助けになることもある。このプロジェクトは、見る人を緊張させ思い出したくもない嫌な記憶を呼び起こさせることになるかもしれないが、決してそういうことを目的に作成するものではない。人は、災害を目にして恐怖を感じ、自分は無力であると感じるかもしれない。しかし自分はまだ生きているというような安堵感のようなものを感じ、頑張らなければという前向きの気持ちが湧いてくるかもしれない。それは、一種のセラピーに通じるところがあると言えるかもしれない。我々人間は、苦しんでいる人々に共感して、彼らの援助をすることができるようになるには、まず、自分自身の恐怖感を克服しなければならない。このビデオが、被災者でない外部の人々が被災地の人々の苦しみを思いやるための役に立つことを願いたい。

また、このプロジェクト作成のための努力とそれに続く展覧会を通して、多くの人に、我々人間と自然の関係について話し合うことのできる機会を提供することができればいいと思っている。しかし、我々は津波から3年経過した今日でも、なお原発事故の真っ只中にあり、自然と人間の関係について話し合うことなどまだまだ難しい。我々の多くは、21世紀のセンセイショナルなメディアによってふりまわされており、このような出来事の真相を掴むことはなかなか容易ではない。災害という大惨事は、我々一人一人の個人がとるべき行動や社会全体のあるべき方向を示唆しているのだと考えるには、一般の人々にとって災害はあまりにもかけ離れたものである。私はこのプロジェクトが、メディアの報道からは得られないような何かを提供することができ、より深い個人的なレベルでのコミニュケーションと行動を促進するものの一つとして受けとめてもらえればいいと思っている。

私が強くこのプロジェクトを推し進めたい理由には、実は日本と私の母国台湾との領土問題がある。日本と台湾の二つの国は、歴史的、文化的、経済的に強い関係を持っている。災害援助活動に関しては、日本の災害時には台湾が、台湾の災害時には日本が、それぞれリーダーとなって何兆もの個人からの寄付金を集めて援助活動をする。しかしながら、近年の紛争によってもたらされた両国間の敵愾心は、エスカレートしているようである。我々は、国際政治を直接コントロールすることはできない。しかし、このようなプロジェクトが、国と国の間のより多くの交換、理解そしてお互いに思いやることを促進するのに役立つことを望んでやまない。

How is this site organized?

The site contains the following components. They are easily accessible from the menu on the left. All media will be tagged, and you can search by the the name of the towns or prefectures.

VIDEO LOGS: Every mile of my walk will be captured and posted online. Since my web access is likely to be limited during the trip, only a few clips will be posted in March. More of them will come online from April, 2014.

PHOTOS: Photographs on the trip including my personal observations and project documentations.

PROJECT RELATED: Postings of my previous work and artists that inform this project, news related to the tsunami and the Fukushima nuclear power plant.

THROUGH OUR EYES: I will gather footage taken by the cameras in the hands of local volunteers. The compact high-definition camera will be worn on their heads to capture the first-person perspective of walking on the shoreline. This section will be added at a later date.

INTERACTIVE MAP: When more video is online, I will create an interactive map that will link to the individual video.

このサイトについて

このサイトは次の部分からなっており、どれも左側のメニューから簡単にアクセスできる。メディア(vido logs-ビデオログ、photos-写真など)は、タグされ、町名でも県名でも検索することができる。

ビデオログ:全行程をビデオにとりウエブに掲載する。旅行中はウエブのアクセスが限られていると思うので、3月には少ししか掲載できないと思うが、4月には、より多くオンラインで見られるようにする。

写真:旅行の写真。観察記録やプロジェクトについても掲載する。

プロジェクト関係:私のこれまでの作品、このプロジェクトを始めるにあたり影響を受けたアーティストたち、津波や福島原発関係のニュース、その他。

我々の目を通して:被災地の人々に手伝ってもらって彼らによって撮影されたものを集めたいと思っている。コンパクトなハイデフィニッションカメラをボランティアの人々の身体につけ海岸沿いの道を歩いてもらう。このセクションは、後ほど加える。

インターアクティブマップ:ビデオがたくさん見られるようになった時点で、マップをつくりそれぞれのビデオにリンクをする。

Credits

The project was inspired by Mariko Takeuchi‘s lecture about the non-journalistic photo work in Japan after the tsunami. One of the photographers mentioned, Takashi Arai, provided invaluable input during the preparation of this project. I would like to thank Tokihiro Sato and Rowland Ricketts for their support, Yasuko Watt for helping with the Japanese language, and James Nakagawa for opening my Japan connections. The project is generously supported by the Asian Cultural Council, New York, College of Arts and Humanities Institute Research Grant, and Grant-in-aid from Indiana University, Bloomington.

「Behind the Waves(波の後)」プロジェクトは、竹内万里子氏の講義を拝聴して思い立ったものである。それは報道を目的としない日本の津波後の写真家たちの活動についてであった。この講義の中で写真家の一人として取り上げられた新井卓氏にはプロジェクトの準備段階で言い尽くせないほどお世話になった。また、プロジェクトをサポートしてくれた佐藤時啓氏とローランド・リケッツ氏、日本語でお世話になったワット泰子氏、日本に目を向けさせてくれたオサム・ジェームス・中川氏にも感謝の意を表する。

このプロジェクトは、ニューヨークのアジアン・カルチュラル・カウンシル・グラントとインディアナ大学のカレッジ・オブ・アーツ・アンド・ヒューマニティズ・インスティテュートのリサーチ・グラント、インディアナ大学ブルーミントンのグラント-イン-エイドの財政的援助を受けている。

4 thoughts

  1. Arthur, This is a wonderful project, very open-ended, and one in which I am sure your talents will be productive–and perhaps they will even be expanded by what you encounter. All best wishes!

  2. Hello.
    I’m kurumi. Your project is very wonderful.
    This blog I heard my mother Masako.
    I’m Masako and Masanori’s daughter. You met my family when went in Yamamoto town. It’s my home town.

    I’m living at Tokyo. Because I’m a college student. So I have to living in here.
    My major is international relations. I’m studying English, international relationship, TOEIC and Spanish.

    If you come to Tokyo which
    I want meet you.
    Please replay.

    Have a nice day.
    Kurumi

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *