Day 25, Mar 24, Namie 浪江

Katagiri and I went inside the 20 kilometer radius of the nuclear power plant. The area is closed to the public. Only residents can return during the day. Everyone has to be out by 4:30pm. The director of the Minsmisoma City Museum, Takahashi Kiyoshi (高橋清), used to live there before the meltdown. We were going to borrow his permit. He decided to drive us personally.

片桐と私は、原子力発電所から20キロ圏区域の中に入った。一般には立ち入り禁止とされている場所だ。もと住民だけが、日中に限って立ち入りを許されているが、午後4時半までには例外なく全員が外へ出なければならない。南相馬市美術館長の高橋清は、原発事故以前この区域に住んでいた。私たちは彼の許可証で中に入れることにしてもらえたのだった。高橋は私たち二人を個人的に車で案内してくれた。

P1012477

As we got close to the area, I started to see debris and crushed vehicles piled up in the fields. There was not a lack of sights like this during my walk, but they were mostly cleaned up. Not the case here. We went to the roof of a two-story building by the ocean. Things scattered around the way they have been since the tsunami. I saw the chimneys of the nuclear power plant. We were 6 kilometers away from it.

立ち入り禁止区域に近づくにつれ、瓦礫や押しつぶされた車などが野原に山積みになっているのを目にしはじめた。そうした光景をこれまでの旅の間にもまったく見なかったわけではないが、それらは既におおかた片付けられた後のものだった。だがここは違う。海のすぐそばにあった二階建ての建物の屋根の上にあがってみると、辺りには津波が起こった後そのままの状態でものが散乱していた。原子力発電所の煙突が見えた。私たちは原子力発電所から6キロの距離に立っていたのだった。

P1012466

Katagiri and I went into a house. He always tried to find the main door, even when the walls are ripped open. Photo albums were on the floor with images of travel and celebrations. A large piano fell on the ground. A window framed another damaged building. There were sake and flowers near by. People have returned to mourn recently.

We stopped by an elementary school. The students were successfully evacuated during the earthquake. The building was relatively clean. It might have been used as a base for relief workers. Words of encouragement filled the chalkboards. There was a sign of graduation ceremony in the auditorium. If those students eventually had a ceremony, it was most likely not held here.

片桐と私は一軒の家の中に入った。片桐は、建物の壁がどれほど壊れて出入り自由になっていても、いつも玄関を探してそこから入ろうとする。写真アルバムが床の上に散乱していた。旅行の写真や祝いごとの記念写真が貼られていた。大きなピアノが地面に倒れたままになっている。窓枠を額縁のようにして、窓の向こうにまたもうひとつ別の損壊した建物が見えた。近くには酒や花が供えてあった。つい最近、ここに弔いに戻ってきた人たちがいるのだと思った。

小学校に立ち寄ってみた。地震の際、ここの生徒たちは全員ぶじに避難できたそうだ。この建物は比較的きれいに残っている方だった。復旧工事作業員の寝泊まりの場所として使われたのかもしれない。黒板いっぱいに様々なメッセージが書きつけてあった。講堂には、卒業式の準備がされた跡がそのまま残っていた。ここの小学校の生徒たちが最終的にどこかで卒業式を迎えたとしても、ここで迎えることは決してありえなかったんだなと考えた。

P1012490

The meltdown occurred the day after the tsunami. Residents within the 30 kilometer radius were evacuated. Takahashi was receiving inpatient treatment at a hospital. He decided to stay with the patients who could not leave. Later he managed to get a vehicle to send the patients on life support to the safe area. There was a point he thought he would not survive.

炉心溶融は津波の翌日から始まった。福島第一原発から30キロメートル圏内の住民に避難勧告が出された。当時、病院で入院治療を受けていた高橋は、病院から逃げられなかった他の患者たちと一緒にそこにとどまる決意をした。その後、高橋は車を手に入れ、生命維持装置をつけた患者たちを何とか安全区域に移すことができた。高橋は、一時(いっとき)は自分が生き延びることはないだろうと観念していたそうだ。

P1012533

We went to Takahashi’s house in Namie. He kept the last newspaper in the mailbox. There were plum blossom and various flowers in the neighborhood. Things look very normal around here, except that there was no people. The town was empty. The radiation level fluctuated in different spots, ranging from 3 to 100 times the normal level. Takahashi liked to joke about the radiation, saying it’s good for his body. “Sasugene”, he said in a Tohoku dialect, meaning it’s ok. There was really not much he can do about it. It was probably a healthy attitude.

私たちは浪江の高橋の家に行った。彼の郵便受けには、最後にきた新聞がそのまま残してあった。辺りには梅の花やその他さまざまな花が咲いていて、その風景はとても普通に見えた。ただ人が辺りにまったくいないことをのぞいては。町は空っぽだった。放射線量レベルは、場所によって、通常量の3倍から100倍までかなりの幅で変動した。高橋は、放射線は体にいいから大丈夫、さすけね、としょっちゅうジョークで笑い飛ばしていた。「さすけね」は、東北弁で、差し支えない、大丈夫だよ、という意味だ。実際、放射線をどうこうしようと思っても何ができるわけでもない。彼のようにジョークで笑い飛ばすのが、健全な態度なのかもしれない。

P1012514

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

 

3 thoughts

  1. This is the ground zero then. What a gruesome sight and life lesson on how natural disaster and manmade nuclear energy combined could bring down human civilization!

  2. Arthur
    You have shown and demonstrated the importance of Art. It has led you on an incredible journey. Art is not just the making of objects but also our moral conscious. You have aided all of us to think bigger.
    Many many thanks
    Barry

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *