Day 23, Mar 22, Toyomane-Miyako 豐間根-宮古

Today started the way it did for the last 22 days. I got up at 6am and blogged. Had breakfast. Packed all the batteries, accessories, and laundry. I checked out at the counter. The lady invited me to enjoy the hot spring one more time. It was still early, so I did. The water was extremely hot. I think you can cook eggs in it. I took a few splashes and left. I was taking my time, but meanwhile eager to hit the road. It’s the last day of the walk.

昨日までの22日間と同じように今日が始まった。朝6時に起きてブログを更新。朝食をとり、カメラやパソコンのバッテリー、周辺機器、そして洗濯物を荷物に入れた。宿のカウンターでチェックアウトするとき、女将さんから「せっかくだからあともう一回温泉を楽しんでいったら」と勧められた。朝も早くて時間があったので、勧めに従うことにした。温泉の湯はびっくりするほど熱かった。卵をゆでられると思うほどだった。私はほんの少しお湯につかって、すぐにあがった。焦ってはいなかったが、早く歩き始めたいという気持ちが強かった。今日は私の徒歩旅行最後の日だ。

Screen-Shot-2014-03-23-at-1.20.33-PM

The snow started to melt, but the road was still narrow. Water pooled up on the side. The highway was busy. I tried to pay attention to every car, bus, and truck; getting ready to leap onto the snow if one got too close. The day was mostly sunny. The snow was blinding. Other than that the condition was good. No discomfort on my body. I felt like I could go much further.

雪は解け始めていたが、道路の幅はまだ狭いままだった。道路の端は雪解け水がたまって水たまりになっている。幹線道路は交通量が多かった。私は車やバスやトラックが走ってくるたびに身構え、もしあまりに私の近くまで来る車があったら、すぐさま雪だまりの方に飛び移るようにして自衛した。一日中ほとんどずっと晴れていて、雪にあたる日光が目にまぶしかった。それをのぞけば、すべて申し分ない状況だった。私の体もどこも痛くなかった。ずっと歩き続けられるような気がした。

Screen-Shot-2014-03-23-at-2.12.09-PM

I got chocked up when I saw the sign of Miyako. “Daddy made it.”, I whisper to my daughter and my son. “Is this it?” I was a little confused, didn’t know what to think. The road got my attention. I kept on walking.

There was no data signal at the last hotel. I uploaded the blog at a convenient store. I spent so much time in convenient stores on this trip. It would be nice include a store attendant. I asked one to film and she agreed. I was surprised since it was busy. She was extremely cordial. The smile might have been professional. I didn’t think she faked her kindness, though.

宮古市の標示が見えたとき、思わず涙が出てきてむせび泣いた。「パパはついにやったぞ」と、心の中で娘と息子に囁いた。だが「これで終わりか?」とも思った。私は少し混乱していた。何をどう考えればいいのか分からなかった。だが車がやってきて、私の注意はすぐに道路の方へ呼び戻された。私は歩き続けた。

ホテルには携帯のデータ電波がまったくなかったので、コンビニエンス・ストアでブログを更新した。この旅行の間、行く先々でコンビニエンス・ストアには本当にお世話になった 。ひとりくらい、コンビニの店員さんに協力者になってもらうのはいいアイディアだろう。そう思って、ひとりの店員にビデオ撮影に協力してもらえないかと頼んでみたら、すぐに承知してくれた。店はかなり忙しそうだったので、私は内心驚いた。彼女はこちらがびっくりするくらい親切で丁寧だった。あの笑顔はもしかするといわゆる接客スマイルだったのかもしれない。だが私には彼女の親切さは心からのもののように思えた。

P1012385

I met a couple of high school students at the Miyako Port. I approach them and they took my camera. I was starting to get lucky with high school students. They decline to have portraits taken, however. My participants never turned down this part. I didn’t force them. They were probably dating. It might have been a secret.

宮古湾沿いで、二人連れの高校生に行きあった。話しかけてみると、ビデオ撮影に協力してくれた。高校生の協力者探しに運が向いてきたようだ。だが撮影協力者のポートレート写真を撮らせてほしいという申し出には否という答えが返ってきた。ここでノーと言われたのはこれが初めてだ。だが無理強いはしなかった。彼らはデートしていたように見えた。もしかすると秘密のデートだったのかもしれない。

Screen-Shot-2014-03-23-at-2.20.11-PM

Screen-Shot-2014-03-23-at-1.19.02-PM

I met another pair of high school students in the city. They were very interested in talking to me, using English from time to time. I asked them about the tsunami. They escaped to an evacuation site on a nearby mountain. “Very fast”, Takahiro (佐佐木崇宏, left) gestured running. Shuto’s (岩間秀斗, right) father was a truck driver. He died while working near Kesennuma at the time. I expressed my condolence. We said “Gamba De” to each other as we bid farewell.

町の中で、また別の高校生の二人組に出会った。この二人はとても私に興味をもったようで、英語を交えながら積極的に話しかけてきた。私は彼らに津波について尋ねてみた。彼らは近くの山の上にある避難場所に逃れたということだった。”Very fast(すごく速く)”と、タカヒロ(佐々木崇宏)は走る真似をしながら言った。シュウト(岩間秀斗)の父親はトラックの運転手で、津波がきたとき、気仙沼の近くを走っていて、津波に呑まれて亡くなったそうだ。私はシュウトに哀悼の意を表した。私たちはお互いに「頑張って」と言い合って別れた。

P1012411

I went to a grill chicken bar for dinner. The shop has one row of seats at the counter and one back room, a typical setting for a small drinking place. The owner/chef/waitress, Fusako (内藤ふさ子), attended the place all by herself. It was amazing, actually. Grill chicken requires a lot of attention. Hers was perfectly done. I even tried 2 sticks of bear meat.

夕食をとろうと、焼き鳥屋に入った。店内は一列に並んだカウンター席と、奥の座敷の部屋からなっている。他の小さな居酒屋でもよく見かける造りだ。店のオーナー兼シェフ兼ウェイトレスの内藤ふさ子はこの店をたった一人で仕切っていた。私は彼女の手際の良さに感心した。焼き鳥はタイミングが命だ。私が食べた焼き鳥は完璧な焼き加減だった。あまり美味しかったので、熊肉の串焼きまで二本試してみたほどだ。

IMG_0431

The guy sat next to me speaks English. We struck up a conversation. Toyomitsu (堀井豐充) is the director of a fisheries & aquaculture research institute. He said our encounter was once in a lifetime (一期一會). We had a lot of sake together. The bar lady closed the door and sat down with us. Her bar was flooded in 5 feet of water. She re-opened in just two weeks. She wanted to be the first one. The menu featured canned food. At least she had good sake. She cut a deal with a vendor and got a lot water soaked bottles. I admire her resilience.

私のとなりに座った男性は英語が話せて、私たちは会話を始めた。トヨミツ(堀井豊充)は、水産総合研究センター東北区水産研究所の部長ということだった。彼は、私たちの出会いは「一期一会」だと言った。私たちは一緒にかなりの酒を飲んだ。店の女主人は早々に店を閉めてしまい、私たちと一緒に座った。彼女のこの店は5フィート(=1.5メートル)浸水したそうだ。だが彼女はわずか二週間で営業を再開した。どの店よりも先駆けて再開したかったのだという。当初はメニューに缶詰食品を載せていたが、少なくともいい酒を出すことはできた。業者と取引して、水に浸かった酒の瓶を大量に安く買い付けたのだそうだ。私は彼女のたくましさに敬意を表した。

IMG_0426

They asked about my trip. I said the walk was a prayer for my daughter and for the people around here. Fusako said she lost a child 23 years ago. The baby was one year old. I wanted to give her a hug, but it’s probably not a proper expression in Japan.

A tall guy came in. Seemed like a regular, he poured himself beers. He said he was working on a big construction. Two days after its completion, the building was destroyed by tsunami. Then he worked on collecting dead bodies. “women and children”, he said. The guy looked tough. There was sadness behind the smile, however.

彼らは私の旅について尋ねた。私は、この旅は娘と被災地の人々に向けた祈りだったと話した。するとふさ子が、私も23年前に子どもをひとり亡くしました、と言った。亡くなったとき、赤ん坊は1歳だったのだそうだ。私は思わずアメリカ式に彼女を抱きしめたくなったが、やめておいた。おそらくそれは日本では度を超えた振る舞いになるだろうから。 (訳者注:アメリカや西洋には 友人同士で親愛の情や同情の念を示す時などに、同性・異性を問わずお互いの肩を抱きあう習慣がある。)

背の高い男性が入ってきた。常連なのだろう、彼は自分で店のビールをグラスについだ。彼は大きな建設工事現場で働いていたが、その建物が完成して二日後に、津波で建物が崩壊してしまった。彼はその後は死体を集める作業にあたったそうだ。「女や子どもがいっぱいいたよ」と彼は言った。タフに見えたが、彼の笑顔の裏には哀しみが潜んでいた。

IMG_0458

Here I am at the end of my walk. There was no flower, no trophy, no finish line. These people’s company was the greatest reward. I was living in an incredible story. It is hard to describe how vivid and real they are in my memory. Maybe it’s because the connections seemed improbable. Toyomitsu said we will meet again. I hope many of us will someday.

私の旅はここで終わりを迎えた。花も、トロフィーも、フィニッシュラインもない。ここでこの人々とこうして一緒に時間を過ごせたことが、何よりの褒美になった。私はこの旅の間ずっと、驚くべき物語の中を生きていた。この旅で経験したすべての出来事が私の記憶の中でどれほど鮮明でリアルに生き続けているか――それを説明するのは難しい。それはたぶん、そうした絆が不可能なものに思えるからかもしれない。トヨミツは、私たちはきっとまたいつか出会うと思うと言った。この旅で出会った人々のなるべく多くと、またいつか出会える日が来ることを願う。

Note: Feature photo on top, Miyako Station.

注:今日のトップ写真は宮古駅の光景。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 23, March 22nd, GPS Track on Google Map, 18.5 kilometers