Day 21, Mar 20, Otsuchi-Yamada 大槌-山田

As I was leaving the guest house in Otsuchi, I saw a book written by a Taiwanese Dharma Master Chen Yen at the door. Tzu Chi Foundation, the organization she founded, is the largest non-governmental-organization in the Chinese-speaking world. It was very active in providing humanitarian relief during the 2011 disaster in Japan. Their influence is sometimes met by cynicism and envy. A senior teacher I respected once said “There are so many people in need in Taiwan, why go all the way out to spend money in Africa?”

大槌のゲストハウスを出発しようとしたとき、玄関口に、台湾の證厳上人(しょうごんしょうにん)の著書が置いてあるのが目に留まった。證厳上人の創設した慈済基金会(じさいききんかい)は、中国語圏で最大の非政府組織だ。2011年の日本の震災時にも人道的救援活動で大きな活躍をした。慈済基金会の活躍ぶりが顕著なため、不信感や妬みを抱く人もいる。かつて私が尊敬していた年配の教師が、「台湾国内に助けを必要としている人々がこんなにいるのに、なぜわざわざアフリカくんだりまで出て行って金を使う?」と言ったことがある。

Screen-Shot-2014-03-21-at-6.53.09-AM

“Why not?”, I thought. I could use the same answer for people who asked me why come to Japan. I grew up in an era when text book was heavily censored. The bitter conflict with Japan during WWII was a stage for nationalist propaganda. Later I realized the world is too complicated to fit in a book. Any one-sided story is not only a burden, it can also be dangerous. The war is raging in Syria. Crimea crisis is a ticking time bomb. The border dispute between Taiwan, Japan, and China does not seem will end. The international politics has its own logic. Everyone has a reason. And yet, a gesture of good will is hard to explain.

What I do know is that the friends from Tzu Chi were with us when we were in dire need for spiritual support. They came to Vivian’s dying bed. They help performed a respectable funeral. We were far away from home. They were like family. They never asked for anything in return. I never wonder why they helped us.

Just keep walking, I told myself.

「別にいいじゃないか?」私は思った。なぜわざわざ日本に来るのか、と私に尋ねる人々にも、私は同じ答えをするだろう。私は教科書が厳しく検閲されていた時代に育った。第二次大戦中の日本−台湾間の苦い対立は、国家主義者がプロパガンダを喧伝する格好の舞台だった。後に、私はこの世界はとても複雑で、一冊の本教科書におさめきれるものではないということを悟った。一方的な物語は、それがどんな立場から語られたものであれ、重荷だし、それ以上に危険でもある。シリアでは紛争の火が今も後を絶たない。クリミア危機はいつ爆発するかわからない時限爆弾だ。台湾、日本、中国間の領土問題はいつまでたっても終わりがないように思える。国際政治には独自の論理がある。誰もが自分の言い分をもっている。だがそれでも、善意による行為を説明するのは難しい。

私に言えるのは、慈済基金会の人々は、私たちが精神的支えを何よりも必要としていたとき、私たちのところへ来て、私たちのそばに寄り添ってくれたということだ。彼らは(私たちの娘)ヴィヴィアンが亡くなったとき、臨終の床へ来てくれて、立派な葬儀を取りはからってくれた。祖国台湾から遠く離れた場所にいる私たちには、彼らは家族のように思えた。彼らは私たちに何の謝礼も見返りも要求しなかった。なぜ彼らが私たちを助けてくれたのか、私は疑問に思ったこともない。

歩き続けるだけだ。私は自分に言い聞かせた。

Screen-Shot-2014-03-21-at-6.54.11-AM

The pace on the second half of this trip was partly determined by the availability of lodging. Today’s walk was short, which turned out to be a good thing. It was very wet in the morning. The rain turned into slushy snow in the afternoon, and full blown snow storm by night. I am taking shelter at the hotel, getting ready for the treacherous road tomorrow.

私の旅の後半のペースは、泊まれる宿がどこにあるかにいくぶん左右されている。今日歩いた距離は短かったが、それは幸いだったと後で判明した。朝から雨降りだったが、その雨は午後にはみぞれまじりの雪に変わり、夜には大荒れの雪嵐になったからだ。今日はホテルでゆっくり休み、明日の危険な道のりに備えるとしよう。

Screen-Shot-2014-03-21-at-8.58.26-AM

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 21, March 20th, GPS Track on Google Map, 9 kilometers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *