Day 17, Mar 16, Ofunato-Sanriku 大船渡-三陸

I have been basing in Kesennuma for the last 5 days. I moved past the commuting range today, like a detached kite floating north. The walk started in heavy rain. Fortunately it did not last very long. The weather then switched between clear and thick clouds several times. I was having mood swings along the conditions. 

ここ5日間は気仙沼市に拠点を置いてきたが、今日はとうとうここから通える範囲を越えて歩くことになった。まるで糸の切れた凧が北へ北へと漂っていくような感じだ。今日の歩きはじめはかなり激しい雨だったが、幸い雨はそれほど長くは降り続かなかった。その後、天気は晴れ間とどんよりした曇りとを何度か繰り返し、私の気分も天気につれて晴れたり曇ったりした。

IMG_0322

The climb up to the mountain was steeper today. Almost 4000 feet elevation gain during the ups and downs of the walk. The highway was diverted to two roads. One was an express way for cars only, the other went way up and bypassed a big tunnel. Most of the cars went express, so I actually enjoyed a quieter walk. The weather deteriorated toward the top and snowed. Strong wind howled across the valley. The dark sky looked ominous. I heard the first thunder on this trip. It was almost theatrical against the backdrop.

山に登る道のりは今日はいっそう険しかった。今日の道のりのうち、いちばん低い地点からいちばん高い地点までの標高差はほぼ4000フィート(=約1200m)。幹線道路は途中、二手に分かれていた。一方は車両専用の高速道路で、もう一方は大きなトンネルを迂回する上りの道だった。ほとんどの車は高速の方へ行くので、私は比較的静かな道を歩けるのを楽しんだ。山の頂上へ近づくにつれ、天気は悪化し、雪が降った。強い風がうなりをあげて渓谷を吹き渡っていった。空が不吉なまでに真っ暗になり、雷の音が響き渡った。 この旅で出くわす初めての雷だ。広大な景色の中でひらめく雷は、まるで映画のワンシーンのようだった。

I encountered a relatively short tunnel. My tunnel phobia has not fully recovered yet. But the traffic was scarce, and I can see the end. I did not hesitate to go in. It was cold, windy, and very dark. Water was dripping on the side. Ice formed up in some places. I was relieved to exit. It felt like an end of a scary movie.

比較的短いトンネルに出くわした。私のトンネル恐怖症はまだ完全に治っていなかったが、この道は交通もまばらだし、トンネルの出口も見えている。私はためらわずに中に入っていった。トンネルの中は風が強く吹いて寒く、とても暗かった。側壁から水が垂れていて、ところどころで氷になっていた。出口に出たときは思わず安堵のため息がもれた。恐怖映画をようやく見終えたような気分だった。

Screen-Shot-2014-03-17-at-8.41.44-AM

The weather calmed down after the tunnel. I followed the highway and turned into a small winding road. I saw a storage lot with floaters an hour later. The ocean is close, I thought. The fishermen use these floaters to farm shellfish. They drape ropes down and attach the crops on them. The shoreline in this region is jagged and undulating. The natural ports in between are great locations for this practice. I heard the production sharply declined after the tsunami.

トンネルを過ぎると、天気はだいぶましになった。幹線道路を辿っていき、やがて細い曲がり道に出た。そこから1時間ほど歩いたところで、フロートの保管場所 を目にした。海が近いんだな、と私は思った。このフロートは貝の養殖のために漁師が使うためのものだ。何個ものフロートをつなげた縄を海に下ろし、それらのフロートの下に種苗をつけた貝殻を垂らしておくのである。この辺りの海岸線はじぐざぐと入り組んだリアス式海岸で、そこにある数多くの天然の入江がこの養殖方式に非常に適しているのだそうだ。だが津波のあと、この地域の漁業は急激に衰退していると聞いた。

Screen-Shot-2014-03-17-at-8.53.27-AM

P1012081

I found my B&B lodging on a hill by the ocean. A lady with purple highlight on her hair greeted me warmly. The dinner featured a shellfish on a candle grill. It was unseasoned, but full of flavor. I chatted with her a little. Their B&B has been in existence for 30 years. She was surprised the water came up to her hilltop house in 2011. There was no point running, so she hid in the attic. Fortunately that was the only part above water. “20 meters”, she said of the height of the waves. She pointed to the new tatamis and refurbished wood cabinet. I can hardly imagine the amount of work required to restore everything. Hers is already a survival story, though. It is nice to see people getting back on track with their lives.

海のそばの丘の上に私の泊まる民宿を見つけた。髪を紫に染めた女性が私を温かく迎え入れてくれた。彼女はこの宿の女将さんで、ミユキ(今野みゆき)という名前だった。夕食は固形燃料式の卓上コンロで焼いた大きな帆立て貝がメインだった。調味料は何もつけずそのまま食べたが、それだけでとても美味しかった。ミユキと少しおしゃべりをした。この民宿は30年間続いているそうだ。2011年の津波で水がこの丘の上の家まで上がってきたときは、彼女はとても驚いたという。走って逃げても仕方のない状況だったので、屋根裏に避難したそうだ。幸いにも、その屋根裏だけが唯一水に浸からずに済んだ。「20メートルよ」とミユキは津波の高さを説明した。そして新しい畳や改装した木製の戸棚を指差した。すべてを元の状態に戻すのに、いったいどれほどの作業が必要になるのだろう。想像もつかないが、ミユキの話は既にそれだけでサバイバル・ストーリー(=苦境を生き抜いた人の物語)だ。人々が、こうして自分の人生の軌道に戻りつつあるのを見るのはうれしい。

Screen-Shot-2014-03-17-at-9.01.51-AM

IMG_0339

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 17, March 16th, GPS Track on Google Map, 18 kilometers

 

One thought

  1. Gave me a scare seeing the title “survival story.” Thought that’s your story.
    Keep up the spirit. You are getting closer to the finish line!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *