Day 15, Mar 14, Kesennuma-Rikuzentakata 氣仙沼-陸前高田

I checked with the hotel manager about the types of guests they accommodate. 90 percent are construction workers, 10 percent tourists. It has been the case in most places I stayed. I can see their morning exercise from my room. Their presence makes the hotel restaurant an interesting place. It turns into a cafeteria when the workers come in to get their trays. Last night during dinner I approached a table. They will stay here till May.

ホテルの支配人に、泊まり客の客層はどんな感じですかと訊ねると、9割が土方労働者で、1割が観光客ですという答えがかえってきた。これまでに泊まったどこの宿もだいたいそんな感じだった。私の泊まっている部屋からは、その土方労働者たちが朝の体操をしているのが見える。彼らのおかげで、ホテルのレストランも興味深い場所になる。土方労働者たちが入ってきてトレーを一枚ずつ取り始めると、レストランが一変してカフェテリア(社員食堂)のようになるからだ。昨日の夜、夕食の時間に彼らのテーブルに近づいて話しかけてみた。彼らはここに5月までいるそうだ。

P1011898

P1012022

The sun came out today. A much appreciated change. I walked by the Kesennuma Port. Houses and tress on the hills provided a wonderful backdrop. I asked a man coming out of a van to film. He looked serious, but warmed up to smiles. We finished the shoot and exchanged cards.  池田了 is actually the Director of the Port Construction Office. Wow. I didn’t know how to say that in Japanese. I called him Boss, and he laughed. The area is restricted, but I walked through anyways. I know the Boss around here.

今日はお日様が出てくれた。ありがたい。気仙沼湾沿いを歩いた。丘の上の家々や木々が素晴らしい背景をなしていた。そこに停まったバンから降りてきた男性に、ビデオを撮ってもらえないかと訊いてみた。ちょっと厳めしい顔つきだったが、私が話をするうちに態度を和らげ、笑顔になってくれた。撮影を終えて、名刺を交換した。池田了、気仙沼湾建設事務所所長とある。私は驚いた。「所長」を日本語で何と発音すればいいのかわからなかったので、私は彼を「ボス」と呼んだ。池田さんは笑った。このエリアは立ち入り禁止区域だったが、私はかまわず中を歩いた。何といってもここの「ボス」と知り合いなのだから。

P1011957

P1011977

I might have jinxed myself by talking about fear and pain yesterday. The cramp on my lower leg was back with a vengeance. It did not help that the road was heading into the mountains. I came across a tunnel. It did not have a pedestrian platform. I could not see the end and had no idea how long it was. There was no way around it. So I went in on the right side. This way I got to react to the incoming traffic. The edge was muddy and slippery. I tried to stay as close to the wall as possible. The noise was deafening. I had to stop from time to time to make sure the trucks could see me. I saw a sign said 200 meters in, 600 meters ahead. It felt a lot longer than that. My heart was racing. It was one of the most intense 11 minutes in my life. I was glad to see the light again.

昨日、恐れと痛みについて話したことで疫病神を呼びつけたのかもしれない。ふくらはぎのこむら返りがまるで復讐するかのようにまた戻ってきた。道が山に向かってずっと上り坂なのも応える。そうこうするうちにトンネルに出くわした。トンネルの中には歩道がない。トンネルの出口は見えず、どのくらいの長さなのか見当がつかない。だが他に回り道はなかったので、私はトンネルに入って行った。歩くのは右側を選んだ。そうすれば、注意するのが対向車だけでいいからだ。トンネルの端は泥でぬかるんでいて、とても滑りやすかった。できるだけ壁際に体を寄せて歩いた。トンネルの中の轟音は凄まじかった。トラックが来るたびに、トラックから私が見えるように、何度も何度も立ち止まった。途中で、「トンネル入り口から200m地点、ここから出口まであと600m」という標示が見えた。だが私にはそれよりもずっとずっと長く感じられた。私の心臓は早鐘のようにどきどきと鳴り続けていた。私の人生で最も緊迫した11分間のひとつだった。光が見えたとき、どれほど嬉しかったか。

Screen-Shot-2014-03-15-at-8.03.59-AM

P1012002

The view provided some relief to the situation. It would have been great if I could stay for a few days. I found a small cafe toward the end of the walk. I had a rice ball and a cake. Two Europeans came in. They were the first foreigners I saw in two weeks. I chatted with them and learned they were from Switzerland. I have not been in a real English conversation for a while. My tongue got sticky. They were collaborating on a book about the tsunami affected areas. You can find their blog here, autourdefukushima.blogspot.jp. They were probably here for the Miracle Lone Standing Pine. I have seen one on the first day, but this is the grand daddy of all. It is a tourist attraction now.

ここから見えた景色は、これまでの津波被災地区の状況を見てきた私にほんの少し気晴らしを与えてくれた。ここに2、3日滞在できたらどんなによかっただろうと思わずにいられなかった。今日の旅の終わり頃、小さなカフェを見つけて入り、おにぎりとケーキを注文した。そこへ二人の西洋人が入ってきた。この2週間で見た初めての外国人だ。話をすると、彼らはスイスから来たということがわかった。ここしばらく英語でまともに会話をしていなかったので、舌がうまく動かなかった。彼らは津波被災地域についての本を共同執筆しているそうだ。彼らのブログはここから見られる(autourdefukushima.blogspot.jp)。彼らはおそらくここに「奇跡の一本松」を見にきたに違いない。私も最初の日に別の一本松を見たが、ここの一本松は他のあらゆる一本松の大親分だ。今では観光スポットになっている。

Screen-Shot-2014-03-15-at-8.06.12-AM

P1012014

The cafe is a branch for a local soy sauce maker. 八木澤商店 was founded in 1807 and is in its 9th generation of operation. The food sold here are all flavored by its soy sauce. The factory was destroyed during the tsunami. The production is mostly restored now. I asked the store manager 鳥羽攝 to film. They were busy, but she kindly agreed. She was surprised to hear about my walk and gave me another rice ball.

このカフェは、八木澤商店という地元の醤油会社が経営している。八木澤商店は1807年創業で、今は9代目だそうだ。ここで販売されている食品の全ては、この会社の醤油が味付けに使われている。津波で工場はやられたが、今はほぼ通常生産に戻っているそうだ。店長の鳥羽摂にビデオを撮ってもらえないかと頼んでみた。店は忙しそうだったが、彼女は快諾してくれた。この旅とプロジェクトについて話すと彼女はとても驚いて、おにぎりをもうひとつ私にもたせてくれた。

P1012017

I am starting to feel like a monk on pilgrimage. In the past, Buddhist monks sustain themselves by asking for alms on the road. The Chinese phrase of such act is called “化緣.” There is no direct translation in English. The term implies to generate good karma in the relation between giving and receiving. There is an abundance of that on this trip.

私は巡礼僧になったような気がしはじめている。かつて、仏教僧たちは路上で施し物を乞うことによって身つなぎをしていた。中国語ではこうした行為は「化縁」と呼ばれる。英語には適切な訳語がないが、この用語の意味するところは、恵みを与え受けるという関係のなかに、 よい縁やよい報い(karma)を生み出すということだ。この旅には、その「化縁」がふんだんにある。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 15, March 14th, GPS Track on Google Map, 23 Kilomters

2 thoughts

  1. Hi Arthur… love following this… can’t wait to talk with you personally about your experience… i think that all the portraits of people are great… take good care of yourself!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *