Day 14, Mar 13, Koganezawa-Kesennuma 小金沢-氣仙沼

I walked by a fancy beachside hotel in Oyakaigan (大谷海岸). It just opened last year. The hotel features wedding events. There is a small garden with arches in the backyard, intersected by a broken train track. This was once my lodging option when I had no other options. Turned out it was full, too. I don’t have to feel guilty for having to stay in a honeymoon suite. Buildings like this are bound to be destroyed when a tsunami hit. It is a risk that was taken knowingly. 

大谷海岸で、海岸沿いの高級ホテルのそばを通りかかった。ここは去年オープンしたばかりの、結婚式場をメインにしたホテル だ。ホテルの後ろ側には、壊れた鉄道線路と交差する形で、アーチのある小さな庭園が作られていた。他にどこも空いていなければここに泊まろうと思っていたが、結局ここも満室だった。だがまあ、ハネムーン用スイートルームに泊まって居心地の悪い思いをせずにすんだ。こういう場所に作られた建物は、津波が起きればひとたまりもない。承知の上でとられているリスクなのだろう。

P1011915

Oyakaigan was once a popular bathing beach. The beach is entirely blocked out by sandbag levee now. I was tempted to enter from the side, but soon realized there was no way out. I decided to have an early lunch in a restaurant by the highway. It was attached to a local seafood outlet. The guests are a mix of local fishermen, construction workers, and travelers. The seafood bowl was the best I’ve ever had. The sea urchin and scallop were sweet and the salmon roe not fishy at all. I felt ready to go.

大谷海岸はかつてはとてもポピュラーな海水浴場だった。だがビーチは今では砂袋の堤防で完全に閉鎖されている。横側からビーチに降りてみたい誘惑に駆られたが、いったん降りると上がってくる道がないことに気づいてあきらめた。高速道路沿いのレストランで早めの昼食をとることにした。そのレストランは地元の海産物直販店に隣接していた。客は地元の漁師、土工労働者、そして旅人だった。 海鮮丼はこれまで食べた中で最高の美味しさだった。ウニとほたては甘く、イクラは魚臭さがまったくなかった。さあこれで腹ごしらえができた、と満足した気分になった。

Screen-Shot-2014-03-14-at-9.00.33-AM

At the end of the meal, the waitress asked where I was heading. I told her about my trek. The whole room was staring at me. “Aru-ide?” (walk), voices of surprise from the kitchen and among the tables. An gentleman in his 60s eventually came sat down next to me. He spoke a little English. He once visited a friend in Arkansas. The Americans are kind and generous, he told me. I said the Japanese too. He lowered his head and said “Of course”, like it was a name brand guarantee.

食事を終えたところで、ウェイトレスの女性が、どこへ行くのかと尋ねてきた。私は東北の津波震災地域を歩いて旅していることを彼女に話した。するとレストラン中の人たちがいっせいに私の方を向いた。「歩いて?」という驚きの声がキッチンから、そしてテーブルから聞こえてきた。60代の身なりのいい男性がついに意を決したように私の隣に来て腰を下ろした。彼は英語が少し話せた。一度アーカンサスに友人を訪れたことがあるそうだ。アメリカ人はみな親切で優しかったです、と彼が言うので、私は「日本人もですよ」と答えた。すると彼は頭を少し下げて、「そりゃもちろんです」と言った。日本人の親切や優しさはトレードマークのようなもので、保証済みといった感じだった。

P1011921

野田卓雄 is a manager or owner of a construction company from Iwate. He came here for business. I thought that makes sense. He thanked me for doing the project. Some people instinctively understand the meaning of the walk. I asked him to film. He had problem with his eyesight, so his assistant, 高橋市子, did it. It was rainy. I was very thankful for their willingness to help. As we say goodbye, 野田 San handed me a coupe of 1000 yen bills. “It’s for your lunch”, he said. I thanked him profusely, and said I can’t take the money. The gesture alone was heart-warming.

野田卓雄さん(というのが彼の名前だった)は岩手県の建設会社の経営者または社長で、ここには仕事で来ているらしい。なるほどと思った。野田さんは私に、あなたがこんなプロジェクトをやってくださっていることに感謝します、と言ってくれた 。この徒歩旅行の意味をこうして本能的に悟ってくれる人もいるのだ。ビデオを撮ってもらえないかと頼んでみたが、彼は目がよく見えないということで、助手の高橋市子さんが代わりに撮ってくれた。外は雨が降っているのに、彼らが嫌な顔ひとつせず助けの手を差し伸べてくれたことがとてもありがたかった。別れの挨拶をしようとすると、野田さんが「これ、お昼代にして」と言いながら1000円札を2、3枚私の手に差し出した。私は野田さんに心からのお礼を言い、でもお金は受け取れません、と丁重に辞退した。その気持ちだけで十分すぎるほど嬉しかった。

Screen-Shot-2014-03-14-at-8.59.49-AM

There are a lot of seniors among my participants. They have more patience. I thought the project would be a nice tribute to them. A great majority of the deaths during the disaster are the elderlies. I saw a documentary last night. Three years after the tsunami, depression and alcoholism are on the rise in this region. It is especially tough for the seniors. Their social network is utterly broken. The cheering words like “move on”, or “focus on now, the future” could sound like empty slogan. The least we can do is to be considerate of the struggle one has to face when recovering from such a traumatic experience.

私のプロジェクトに協力してくれるのは年配の人が多い。年配の人たちは根気づよいからだろうか。このプロジェクトは、そうしたお年寄りの人たちへのよいオマージュになるかもしれない。震災で命を失った人々の大部分はお年寄りだった。津波から3年たった今、鬱病とアルコール中毒の症状を示す人たちが被災地域で急増しているそうだ。年配の人たちにとって今の状況はいっそう厳しいのだろうと思う。彼らの交友関係や社会との絆は全く絶たれてしまったに等しいのだから。「前に進もう」「今と未来を見つめよう」などの言葉は、彼らにとっては空しいスローガンと聞こえてもしかたないと思う。私たちにせめてもできることは、思いやりをもつこと――人がこれほどのトラウマ経験から回復しようとするとき、どれほどの精神的苦闘をくぐり抜けるのかということに思いを致し、思慮深さをもって彼らに接すること――ではないだろうか。

Screen-Shot-2014-03-14-at-9.15.18-AM

Screen-Shot-2014-03-14-at-9.01.07-AM

The rain was steady and constant today. I got mud all over me on the busy highway. I turned east toward the ocean. When the small road ended, I found my way down the fields to the rocky beach. Not the easiest trail, but it beats walking next to trucks. The sea was rough. I fell a couple of times. I tried to soak in the experience. I could sense that the fear and pain seemed to affirm my belief. It was a good lesson from the pilgrimage.

今日の雨は一日中同じ調子で降り続いていた。高速道路で車がびゅんびゅん走るそばを歩いていたら、体中泥だらけになってしまった。私は東に進路をとって海に向かった。小さい道路が終わったところで、野原を通って石だらけの浜辺へ降りて行く道を見つけた。容易な道のりではなかったが、トラックのそばを歩くよりはいいと思った。海はかなり荒れていた。何度か足をすべらせた。私はこの経験に身を浸そうとした。この恐れと痛みが、自分の信念を私自身に再確認させてくれるような気がした。私にとって、これはこの東北巡礼におけるよい教訓になった。

Screen-Shot-2014-03-14-at-9.01.42-AM

My waterproof gear was no match for the persistent rain today. Water got in my collar, sleeves, and shoes. Cramp on the lower leg returned. Could have been an effect of walking on muddy roads or wet feet. There was no point whining, though. I had my share of fair weather. I deserved a couple of rainy days. It was a humbling experience.

私の防水具も、今日のひっきりなしの雨のなかでは形無しだった。襟首からも袖口からも水が入り、靴も中まで水浸しになった。ふくらはぎのこむら返りがまた戻ってきた。ぬかるみの中を長時間歩いていたからだろうか。それとも足がぬれたまま歩いていたせいだろうか? だが嘆いてばかりいてもしかたない。天気のいい日があれば雨の日もある。今日の旅は私を謙虚にさせてくれる経験だった。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

 Day 14, March 131th, GPS Track on Google Map. 16 Kilometers

One thought

  1. Love this post! Sounds like a very fruitful and eventful day. The whole trip so far has been spiritual and inspiring to me. Proud of you!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *