Day 13, Mar 12, Utatsu-Koganezawa 歌津-小金沢

I took a bus to Utatsu (歌津)  today, the end of yesterday’s walk. I climbed up to the old station on the high ground. It appeared that was not high enough for the tsunami. The empty platform looked desolate. Some sections were torn off. The sign next to the stairs showed a map of “Golden Coastline.” This train line used to connect many beautiful finishing villages and towns. “Song of Waves” (歌津), “Clearwater Beach” (清水濱), “Big Vally Seashore” (大谷海岸), “Pine Rock” (松岩). The names conjure up images of their past glory. Now they are all construction sites.

今日はバスで歌津へ。昨日歩いたルートの最終地点だ。標高の高い地点にある駅まで登ってみた。だがこの場所も、津波の難を逃れるには高さが十分でなかったようだ。からっぽの駅のホームはとてもわびしかった。ホームの数カ所は崩れてしまっていた。階段横の駅名表示の看板には、「黄金街道」と題された地図の絵がついていた。この沿線は、かつては多くの美しい漁村や町をつないでいた。「歌津」(”Song of Waves”「波の歌」)、「清水浜」(”Clearwater Beach”「清らかな水の浜辺」)、「大谷海岸」(”Big Valley Seashore”「大渓谷の海岸」)、「松岩」(”Pine Rock”「松の岩」)。こうした地名が、この沿線のかつての栄光を思わせるが、これらの土地は今ではすべて工事現場になっている。

P1011872-2

The weather soon turned gloomy with a wintry mix. The geography was similar to yesterday. Without the blue sky, the landscape seemed melancholy. The road was busy with construction vehicles. There are major efforts to build levees and to raise grounds along the coastline. One of the pictures I took included some 20 excavators and 13 trucks. They have a 2 stage system to clean the truck tires before re-entering the road. First stage to scrub and second to rinse. It helps keep the road clean.

その後すぐに雲行きが怪しくなり、みぞれが降り始めた。地勢は昨日と同様だったが、青空なしでは、風景は一変して憂鬱に見えた。道路では工事車両がひっきりなしに行き来していた。海岸線に沿って長い堤防を築き、かつ土地の標高を底上げするための工事が大々的に行われているようだ。ここで撮った写真の一枚には、20台の掘削機と13台のトラックが写っている。見ていると、トラックが道路と工事現場を行き来する際、道路に戻る前に 2段階のシステムでタイヤの泥を落としているのに気づいた。まず泥をかき落とし、次にそれを洗い流すという仕組みだ。そうやって道路をきれいに保っているのだ。

P1011892-2

P1011883-2

I didn’t get to talk to many people today. I tried to approach 3 junior high students before the rain. They said they were busy. I have a 70 percent success rate so far. The rejections seems to pile up recently. Was my enthusiasm down, not as hungry for new encounters? Or was it just random luck?

今日はあまり人と話すチャンスがなかった。途中で3人の中学生に話しかけてみたが、忙しいといって取り合ってくれなかった。これまでの成功率はおよそ7割だが、最近になって断られる回数が急に増えている気がする。新たな出会いを求めようとする私の熱意が冷めてきているということだろうか? それとも単なる偶然だろうか?

Screen-Shot-2014-03-13-at-8.03.50-AM

I had to switch to a different hotel in Kesennuma today. What was supposed to be a convenient location turned out to be in the middle of constructions. The old train station was right next to the hotel. Since it was destroyed, the bus stop that replaces its function is 2 kilometers away. It was unexpected, but I have learned not to take anything for granted. The name of the hotel is “Frist Class View.” (一景閣) It’s a far cry now, but I hope the view will return soon.

今日は気仙沼での宿を別のホテルに移すことにした。交通アクセスがよいと思ってとった宿が、フタを開けてみると、工事現場のど真ん中だったのだ。かつてはこのホテルは駅のすぐ隣に位置していたのだが、駅が崩壊してしまったため、今ではバスが電車の代わりを務めていて、そのバスの発着地点はここから2kmも離れた場所にあるのだ。予想外のことではあったが、何事も期待どおりにいくと思ってはならないということは既に学習済みだ。このホテルの名前は「一景閣」(”First Class View”=「最上級の眺め」)。今の現実からはほど遠いが、ここがかつての眺めを取り戻す日がいつか近いうちにやってくることを祈るばかりだ。

IMG_0291

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 13, March 12th, GPS Track on Google Map, 16km

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *