Day 10, Mar 9, Ishinomaki-Onagawa 石卷-女川

I chatted with 三浦 before I left. He pointed to the water line high on the factory wall across the street. People left marks like this as a visual reminder of the waves that were here. 三浦 drove to safety before the tsunami reached here. The 2 story hotel was reduced to a shell. They started the remodeling in July, 2011. There was an one-hour documentary about the hotel on Fuji TV, according to him. I have to look it up when I get a chance.

宿を出る前に三浦と少しおしゃべりをした。彼は道の向かいの工場の壁の高いところにある津波ラインを私に指で示した。こうして津波を目に見える形で記憶に残す印が刻まれているのを各地で目にする。三浦は津波がここに到達するまでに安全な場所へ車で移動したそうだ。2階建てだった彼のホテルは骨組みだけになってしまい、2011年の6月に再建をはじめたのだそうだ。彼によれば、フジテレビがこのホテルの再建についての1時間のドキュメンタリー番組を制作放送したそうだ。チャンスがあればぜひ見てみなければ。

P1011697

Ishinomaki (石卷) suffered the highest casualty among the entire coastline, nearly 4000 deaths and missing. Once vibrant streets, the 3 kilometer square area next to the big paper mill was completely flattened. A big sign of encouragement for the town was a prominent feature. It was erected early during the reconstruction. Many Japanese remember this image. Two TV journalists from Tokyo was taking footage. I spoke with the producer briefly. He was indifferent and did not really want to continue the conversation. 2 buses stopped here. Tourists came out to take pictures. I wondered if they were in organized tours about the tsunami. An uneasy idea for me. Maybe I am like them in a way, just a passer by.

石巻は津波に襲われた海岸沿いの町のなかで、最も多くの犠牲者を出した町だ。死者と行方不明者合わせて4000人。かつては活気に溢れていた、 大きな製紙工場そばの3平方キロメートルの町の広場は今では完全な平地になってしまっている。「がんばれ石巻」という大きな看板がとてもよく目立つ。この看板は再建がはじまってすぐに建てられたそうだ。多くの日本人がこのイメージを記憶している。東京からのTV局関係者が二人、撮影を行っていた。プロデューサーの人とちょっと話したが、彼は私のプロジェクトには無関心で、さっさと会話を切り上げたいと思っている様子だった。そこにバスが2台やってきて停まった。観光客がどっと降りてきて写真を撮り始めた。津波にやられた震災地域を見て回る観光ツアーか何かなのだろうか? 私は何とも言えない気持ちになった。ある意味では、私も彼らのようなものなのかもしれない。ただの行きがかりという意味では。

Screen-Shot-2014-03-10-at-9.22.45-AM

I spoke with a man and a woman who were making offerings to a small memorial. The place used to be a convenient store. The woman’s co-worker died during the earthquake. They were gentle and kind when they recite their experience. I sent them my regards and was grateful to have a chance to do so.

小さな記念碑に供え物をしている男性と女性に行きあい、言葉を交わした。そこはかつてはコンビニエンス・ストアがあった場所で、彼女の仕事仲間が地震の際にここで命を失ったそうだ。二人はとても親切で穏やかな調子でその経験を語ってくれた。私は丁重に彼らにお礼を言い、彼らと話す機会をもてたことをありがたく思った。

Screen-Shot-2014-03-10-at-9.37.11-AM

P1011710

Memorials like this dotted all around here. The only structure remained standing was a family house. I went in there, feeling apologetic as I was intruding. To my surprise there was earthquake damage, but not a lot of evidence of water. The shoes and slippers were lined up inside the door. The windows on the second floor were intact. I can piece together a family image by what was left here. The baseball gloves and the stuffed animals were clues that the boy was in elementary school and the girl in pre-school. The father was an avid golfer with many trophies. The second floor was relatively organized. Looked like someone had come back to fetch belongings. I hope they survived. (Note 1)

こうした記念碑は町のいたるところに点在している。この辺りで唯一姿をとどめていたのは、一軒の民家だけだった。他人の家にずかずかと入り込むようで気がひけたが、ごめんなさいと心の中でつぶやきながら家の中に入ってみた。驚いたことに、地震による損害はあったが、津波の痕跡はそれほど残っていなかった。玄関には靴とスリッパがきちんと並べられ、2階の窓はほとんど壊れずそのままだった。ここに残されたものを見ていると、ここに住んでいた家族が想像できるような気がした。野球のグローブとぬいぐるみは、おそらく小学生の男の子と学齢前の女の子がいたしるしだろう。父親はトロフィーをたくさんとるほどのかなりの腕前のゴルフ好きだったようだ。2階は思った以上に片付いていた。誰かが身の回りの品を取りに戻ってきたことがあるように思えた。ここに住んでいた家族は無事だったのだろうか。そうであってほしい。(注1)

P1011709

I walked by Mangokuura Sea (万石浦), a bay with a small opening to the ocean. Judging form the terrain, it could have been an ancient volcano. It was sheltered by a peninsula to the east. The area was flooded, but was spared from the high velocity of the waves. The water was gorgeous, with mountains on its backdrop. One can imagine tourism is an important industry around here.

万石浦という入江沿いに歩いた。この入江は海とほんの小さな入り口でつながっている。土地の様子からすると、おそらくここはずっと昔、火山だったのかもしれない。万石浦の東側に半島があって、ここはそのおかげで海の難から守られている。津波の際も浸水はしたが、異常な速さで押し寄せる津波からは免れた。山脈を背景にした万石浦の水面はとても美しかった。観光が町の重要な産業のひとつであろうことは想像に難くない。

P1011726

Screen-Shot-2014-03-10-at-9.32.10-AM

I walked in a seafood shopping stop for tourists. It was a busy Sunday afternoon. Many were cooking shell fish from the bay on outdoor charcoal grills. The owner was telling her tsunami experience to a group of college students from Kyushu. (reminded me of Kohma) I later chatted with her and her daughter Kumi (阿部久美), who filmed for me. I asked them about the lodging availability past Onagawa (女川). They made some phone calls and confirmed there is nothing in the next 60 kilometers. Not bus going that direction, either. They packed me a bread and dry fish when I left. The mother said, “You have to eat because of the walk.”

観光客向けの水産品店に入ってみた。とても忙しい日曜の午後で、たくさんの人が外の炭火焼で貝を焼いていた。店の持ち主である女性が、九州からきた大学生のグループに津波体験について語っていた。(九州と聞いて光馬のことを思い出した。)後で、店の主人の女性と彼女の娘のクミ(阿部久美)と話をすることができ、二人は私のためにビデオを少し撮ってくれた。女川以降の地域に泊まれそうな宿があるかどうか彼らに訊いてみた。二人はいくつかの場所に電話をかけてみて、ここから少なくとも60km以内の地点には宿は全くないようだと教えてくれた。そちらの方向へ行くバスもないとのことだった。彼らはパンと干し魚をいっぱいに詰めて私にもたせてくれた。母親曰く、「歩いて行くんだから食べなきゃ」。

P1011735

The west side of Onagawa is in the bay, the east opens to the ocean. The port side took the blunt of the waves. The town lost 870 lives. As a perspective, the casualty was the highest population percentage in a town at 8.66%. I don’t know if these numbers mean anything to outside observers. They seems so abstract. Walking on the ground allow me a bit more time to grapple with them.

女川の西側は万石浦に面していて、東側は海に面している。この海に面した港側が津波の被害をまともに受けた。この町の死者の数は870人。参考までに述べると、女川町の人口に比すると死者率は8.66%で、これはひとつの町の人口比死者率としては最大だったそうだ。こうした数字が外部の傍観者にどれだけの意味をもつのかはわからない。私にはとても抽象的に思える。だがこうして被災地をじかに歩くことは、これらの数字の意味についてより深く考える時間を私に与えてくれる。

P1011743

I saw a memorial on a spot where used to be a bank. Twelve members of the staff were told to seek shelter on the roof above the 2nd floor. 30 minutes later they were swept away. There was plenty of time for them to walk to the near by high ground. Their families were upset about the decision. It is really understandable.

かつて銀行だったという場所にある記念碑を見た。ここで働いていた12人の銀行員は、2階の屋根の上に避難するようにと言われ、その30分後に津波に呑まれて命を失ったそうだ。30分もあれば、もっと高い場所まで歩いて逃げることが十分にできたはずだ。津波に命をさらわれた銀行員たちの家族たちは、銀行の2階の屋根に避難せよという上司の決断に怒りをあらわにしたそうだ。それは十分理解できる。

 

Note 1: I did not post photos in the house out of respect for the family. If anyone knows their condition, please do not hesitate to let me know.

注1:この家の写真は、この家の住人であった家族への配慮から掲載しなかった。もしもこの家族の生息状況について何かご存知の方がいたら、知らせていただければ幸いです。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 10, March 9th, GPS Track on Google Map, 22 kilometers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *