Day 9, Mar 8, Matsushima-Ishinomaki 松島-石卷

Heading out to Matsushima bay, I walked into a swarm of tourists. It was Saturday, the weather was fair, the view was spectacular, but I was not in the mood to stay. I did not ask any visitor to film in the scenic location, either. I felt that  was out of the scope of my project.

松島湾へ行くと、観光客の群れに遭遇した。今日は土曜日で、天気も上々、景色も素晴らしかったが、私は長居する気にはなれなかった。眺めのいい場所で観光客の誰かにビデオを撮ってもらうこともしなかった。そういうことは私のプロジェクトの趣旨には沿わないと思ったからだ。

Screen-Shot-2014-03-09-at-7.01.39-AM

The two most important oyster farming areas in Japan is Miyagi and Fukushima. I am fortunate to have visited both places. Grilled oyster in a shell is a featured dish in restaurants and on the streets. I found a vendor on my way out of town. Thought I should at least try one. I ordered a big one for 200 yen. The man threw in a small one for good measure. They were very fresh, no condiment necessary. I asked him to film and he kindly agreed. 平野男兒 works at an oyster farm that operates the shop. He is a big guy and it was interesting to see him tending to a small grill. Meanwhile it felt authentic. You don’t get to eat grilled oysters by an oyster farmer very often.

日本の牡蠣の二大産地は宮城県と福島県だ。私は幸運にも今回この両方の土地を訪れることができた。殻つきの焼き牡蠣は、レストランでも路上でも名物料理として珍重されている。町外れを歩いていて、路上の牡蠣売りを見かけた。ひとつくらいは味見してみないと、と思い、大牡蠣一個200円を注文した。牡蠣売りの男性は小さいのをひとつおまけで入れてくれた。牡蠣はとても新鮮で、何の味付けもなくてもとびきり美味しかった。牡蠣売りの男性にビデオを撮ってもらえないかと尋ねると、快く承知してくれた。平野男兒(というのが彼の名前だった)は牡蠣の養殖場で働いていて、この店もその養殖場が経営しているものらしい。彼はけっこうな大男で、その彼がこんなに小さな焼き網の番をしているのは何だかおもしろかった。だがこれぞ旅の真髄だとも思った。カキの養殖職人が目の前で焼いてくれた牡蠣をそのまま食べるなど、そうそうできる体験ではない。

P1011639

There were stretches of long open fields on the road today. I found a truck selling apples in the middle of nowhere. I always wonder how many people would actually stop in places like this. I tried to eat fruits and vegetables whenever I can to fortify my immune system. I bought 3, and they were big and juicy. It turned out to be a good decision. I did not see another food joint until 4pm.

今日歩いた道は、道沿いにかなり長い間広野が広がっていた。途中、まったく何もない辺鄙な場所で、りんご売りのトラックを見かけた。こういうのを見かけると、実際のところこういうところでものを買う人がどのくらいいるのだろうかといつも思ってしまう。今の私は体の免疫機能を少しでも高めるために、できるかぎり野菜と果物を摂るように心がけているので、そのトラックから大きくてジューシーなりんごを3つ買った。そうしてよかったと後で思った 。その後4時まで食べ物を売る店をどこにも見かけなかったからだ。

Screen-Shot-2014-03-09-at-7.04.05-AM

I saw a group of kids playing in a graveyard in the afternoon. It was a striking image. They were dressed in bright colors, pink and red. An uncanny contrast against the black and grey headstones, or between life and death. They giggled when I told them I was from the U.S. I asked them to film like it was a game. They were excited. We walked about with the camera, and they took turns. A grandpa came out with a stern face. I talked to him about my work. He didn’t know what to make of it, but eventually softened up after reading my project information. This graveyard was operated by a Buddhist temple, a common practice in Japan. It is probably their family business. At least 2 of the kids are the grandchildren of the man. The graveyard is their playground.

午後、墓地で遊ぶ子どもたちを見かけた。とても印象的な光景だった。子どもたちはピンクや赤の鮮やかな色の服を着ていて、黒と灰色ばかりの墓石とある種不気味なコントラストをなしていたからだ。生と死のコントラストとでもいおうか。私がアメリカから来たと話すと子どもたちはくすくすと笑った。ビデオを撮ってみない?とゲーム感覚のような感じで誘うと、子どもたちは目を輝かせてのってきた。私たちはカメラを持ってその辺を歩いて回り、子どもたちは順番にカメラを持った。そこに厳しい顔つきをした老人が出てきた。私はあわてて自分の仕事について説明した。老人はよく理解できない様子だったが、このプロジェクトについて説明した文章を読むと、ようやく態度を和らげてくれた。この墓地は、日本ではよく見られる、仏教のお寺に属す寺院墓地だ。おそらくこのお寺と墓地は彼らの家族のものなのだろう。少なくとも子どもたちのうちの2人は老人の孫だった。この墓地は彼らの遊び場なのだ。

P1011660

I walked over 25 kilometers today, spending 7 hours in freezing temperature. The right forefoot has been bothering me for a few days, and the pelvis muscles were tightening up toward the end of the walk. This may be my limit for one day. I arrived at the hotel in darkness. The whole building smelled like a kitchen. I was greeted by the owner’s German Shepherd. The dog threw a bouncy ball toward me from the mouth. I threw it back and dog caught it. Maybe that’s his routine. The hotel hosts mostly blue-collar workers around here. The facility is very basic, like a dormitory.

今日歩いた距離は25km。凍えるような寒さのなかを7時間も歩いた。右足のつま先の痛みはここ数日間ずっととれず、今日の道のりの後半 では骨盤のあたりの筋肉も痛くなってきた。このあたりが私が一日に歩ける距離の限界かもしれない。宿に着いた頃には真っ暗だった。宿中全体が食べ物の匂いに満ちていた。私を真っ先に迎えに出たのは、宿のオーナーの飼い犬のジャーマン・シェパードだった。シェパード犬は私に向かって口にくわえていたボールを投げ、私がそれを投げ返すと口でキャッチした。おそらくいつもここの泊まり客とそうしているのだろう。この宿の客のほとんどは、このあたりで仕事する労働者たちだ。設備もとても簡素で、寮のような感じだ。

Screen-Shot-2014-03-09-at-7.07.34-AM

I was impressed by the dinner, nonetheless. It was hot pot. Just when I thought it was plenty, they brought fried chicken, and then stir fry pork. The chef/owner 三浦啟 came up and asked me if I needed more. “Anything on the menu”, he said. I was stuffed already. Everything including lodging and meals is just 5000 yen. Beer and sake were on the house. The food is not buffet because they take orders. It felt like an old style tavern.

しかしここの食事には文句なしに感動した。鍋が出てきたのだが、もうお腹いっぱいだと思いかけたところに、鶏の唐揚げが出てきて、さらに豚肉のいためものまで出てきた。そこへ宿のオーナー兼シェフの三浦啟が出てきて、他に注文はないかという。「メニューにのってるものは何でも」と言われたが、私はそのとき既にもうこれ以上は無理というほどお腹がいっぱいだった。ここは宿泊と食事、その他すべて込みで5000円。ビールと酒も宿もちだ。しかも食事はビュッフェ形式ではなく注文をとって作ってくれる。昔ながらの旅籠に泊まっているような気分になった。

IMG_0261

三浦 and I chatted between orders. Once he heard I was originally from Taiwan, he took off his headband and made a deep bow. He said Taiwanese were generous with their donation toward the earthquake relief. Previously I learned from the Taiwanese consular in Tokyo that the amount of civilian donation was 20 billion yen. I felt humbled, though, and thanked him for his gesture. “Tomodachi (friends)”, I said. I thought that was the best word I could offer.

三浦と私は注文の合間におしゃべりを交わした。彼は、私が台湾出身だと知るがいなや、はちまきをとり、私に向かって深々と頭を下げた。台湾からたいへんな額の震災復興義援金をいただきました、と彼は言った。東京の台湾領事館で、台湾からの民間義援金の額は20兆円にのぼったという話を私も聞いていた。だが私はとても謙虚な気持ちになり、彼の謙虚さに私の方からもお礼を言った。「Tomodachi(友達)」、と私は言った。それが私に言える一番の言葉だと思ったからだ。

I am not sure if I will have data coverage tomorrow. Don’t be alarmed if I miss a post or two. Happy Woman’s Day, by the way. I’d like to thank my wife for her boundless support for me and for this project.

明日はデータを集められるかどうかわからない。1、2日更新がなくてもどうか心配しないでほしい。そういえば今日は女性の日(Woman’s Day)だった。私と、私のこのプロジェクトに限りないサポートを寄せてくれている妻に感謝を送りたい。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 9, March 8th, GPS Track on Google Map, 25 kilometers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *