Day 8, Mar 7, Tagajo-Matsushima 多賀城-松島

Tagajo (多賀城) is a satellite city of Sendai. It is very populated from here to Shiogama (塩竈). The area was flooded, but the streets look very normal now. It’s not quite like Tokyo, but you can tell people are busy, walking fast, and minding their own business. I asked a woman to film. She declined as soon as she heard the word project. The next woman I asked did stop to help. Aoi (折ふ野葵) works in a restaurant down the street. I thought her name was very unique. 

多賀城は仙台の衛星都市だ。ここから塩竈までのエリアはとても人口が多い。この辺り一帯は津波で浸水したが、今では街並みはかなり普通の状態に戻っているようだ。東京ほどではないが、都会だけあって、誰もが忙しそうに見える。みな他人のことなど目に入らないかのように、せかせかと早足で歩いている。一人の女性にビデオを撮ってくれませんかと声をかけてみたが、「プロジェクト」という言葉を口にしたとたん、さっさと断られてしまった。幸い、次に声をかけた女性は立ち止まって話を聞いてくれ、ビデオを撮るのを手伝ってくれた。彼女はこのすぐ近くのレストランで働いているという。私は、「折ふ野葵」という彼女の名前をとてもユニークだと思った。

P1011548

My calf muscles are still tight. I kept reminding myself to slow down, like walking on egg shells. Then I saw a sign in front of a shoe store says “Principal of walking fast.” Funny, I thought. I wouldn’t take it to heart. Not today.

ふくらはぎの筋肉はまだ張っている。まるで卵の殻の上を歩くかのように、ゆっくり、ゆっくり歩くように何度も自分に言い聞かせる。 そうして歩いている途中で、「快歩主義」(訳者注:著者はこれを「早足で歩こう」といった意味合いで解釈している)と書いた幟をあげた靴屋の看板を見かけた。その皮肉さがおかしかった。この主義はいただけない。 少なくとも今日は。

P1011551

I saw an old style building that looked like a high-end restaurant. It would be nice to have dinner there, I thought. Then I sense a smell of rice fermentation. I turned around and realized it was a Sake factory. I went in and tried to get one of the shop attendants to film. The manager, Keisuke (富谷圭輔), came out with information about the tsunami. They were flooded in 4 feet of water. Tons of sake was lost. The factory was founded in 1724. It has been flooded in a tsunami in the 1960s, and a few more times during the Edo period. The tsunami and earthquake are part of people’s life in this area.

高級料亭のような、どっしりした構えの古い建物が目に入った。こんなところで食事したらさぞ美味いだろうな、などと考えながら通り過ぎようとすると、米を醸造する香りが漂ってきた。振り返ってもう一度見て気がついた。そうか、酒蔵だ。中に入って、店番のひとりにビデオを撮ってもらえないかと頼んでみた。店主のケイスケ(富谷圭輔)が、津波に関する情報をもって店の奥から出てきてくれた。この店は4フィート(=1.2メートル)高さまで浸水したそうだ。何トンもの酒が流された。この酒蔵の創業は1724年。1960年代の津波の際にも浸水し、江戸時代にも津波で浸水したことが何度かあるそうだ。この地域では、津波と地震は人々の生活の一部なのだ、と思った。

Screen-Shot-2014-03-08-at-9.50.06-AM

The more I talked to the Keisuke, the more he opened up. I asked him about his family. He was very moved and said they are ok. The question made the conversation more personal, even for just a moment. I told him I often find Urakasumi’s (浦霞) sake on the menu and it is tasty. They were pleased to hear that. I plan to have one with dinner tonight.

こちらから話しかけると、ケイスケはどんどん心を開いてくれた。 ご家族は無事でしたか、と尋ねると、彼は感極まった様子になり、ええおかげさまで、と答えた。この質問で、私たちの会話はほんの一瞬とはいえ、とても私的なものになった。私は彼に、「浦霞」はよくレストランのメニューで見かける酒だ。とても美味しいと思う、と話した。それを聞いて酒蔵の人たちは皆とても嬉しそうだった。今夜の食事ではぜひとも浦霞を飲まなくては。

P1011569

I spotted a nice filming location near Shiogama Port. A humpbacked old man was digging something by the water. I did not want to bother him, so I put my bag down waiting for potential participant. The man limped back and forth, and finally came chat with me. Grandpa 金上敏彥 is 72 years old. I told him about my project. He was fascinated. I gave him my camera. He said his hands are muddy. I said it’s ok. His fingers were very stiff due to certain medical condition. The footage was probably not usable, but I was not concerned about the image quality. The essence of this project is in the process.

塩竈港の近くで、絶好の撮影場所を見つけた。背中の曲がった老人が、水際で何かを掘り返していた。彼の邪魔をしたくなかったので、私はそこにバックパックを下ろし、誰かビデオ撮影のボランティアになってくれそうな人が通りかかるのを待つことにした。老人は足を引きずりながら何度か行ったり来たりしたあげく、ついに私のところへ話しかけにきた。金上敏彦おじいちゃんは72歳。私のプロジェクトを説明すると、とても興味をもったようだった。私はおじいちゃんにカメラを渡した。わしの手は泥だらけだよ、と彼は言ったが、かまわないと私は答えた。何かの病状のせいか、おじいちゃんの手の指はうまく曲がらないようだった。彼が撮影した箇所はおそらく使えないかもしれない。だが映像のクオリティはこの際どうでもよかった。このプロジェクトの要点は過程にあるのだから。

P1011580

P1011606

I arrived in Matsushima (松島) in snow. It felt like I was walking in a dream. There are 260 small islands covered in pine trees around here. They have been inspiration for countless literary works. A famous haiku describes how the poet was left speechless by the view.

“Matsushima ah!
A-ah, Matsushima, ah!
Matsushima, ah!”
雪の松島に着いた。まるで夢の中を歩いているようだった。この辺りには、松の木にびっしりと覆われた小島がいくつも浮かんでいて、その数は260にものぼるという。数えきれないほどの文学作品が、この風景にインスピレーションを受けて生みだされてきた。そのひとつ、以下の有名な俳句は、詩人がこの景色に感動のあまり言葉を失ったさまをうたったものだ。 
松島や
ああ松島や
松島や
P1011624

Matsushima was shielded by the islands during the tsunami. Nonetheless, evacuation routes are posted in various places. The town is one of the most popular tourist destinations. Hotels are pricy. The cheapest I could find was up on the hill. A steep walk, which may be a sign of things to come. Booking tomorrow’s hotel was a 2 hour struggle. I am heading into areas where some of the towns were entirely wiped out. Many hotels I found were in rubbles in Google street view. For now, at least I have a place to stay tomorrow. I’ll leave the rest to the road.

松島は津波のときも、これらの島々に守られていたが、それでも避難ルート標示がそこかしこで見受けられる。最も有名な観光地のひとつであるこの町では、ホテルの値段も高い。私が見つけたいちばん安い宿は、丘の上にあった。かなりきつい上り坂だが、それはこれから起こる出来事を予兆しているのかもしれない。明日の宿を探すのは2時間もの難航だった。明日の行き先は、町の一部が完全に津波にさらわれてしまった地域だ。見つけたホテルの大多数が、グーグルマップの航空写真で見ると、がれきの中に埋まってしまっていた。とりあえず、明日の宿は確保した。あとはまた明日からの成り行きに任せるとしよう。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 8, March 7th, GPS Track on Google Map, 17 kilometers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *