Day 7, Mar 6, Natori-Tagajo 名取-多賀城

It was a windy day. At some point it felt like a hurricane. Kind of scary and difficult to walk. It flurried from time to time. The wind chill made it the coldest day so far. For the first time I put on my gloves, neck warmer, and ear cover. I felt alright. 

風の強い一日だった。途中でほとんどハリケーンのようになった。少し怖い感じで、歩くのも困難だった。ときどき雪もちらついた。強い風のせいで体感温度がかなり下がって、これまでで一番寒い日になった。ここに来てから初めて手袋とネックウォーマーとイヤーマフをつけたが、それらをつけると、よし大丈夫だという気になった。

P1011484

I stopped a woman on her way for a jog. I asked her to take video. She was cheerful, but sounded like she had to practice. I did not fully understand, so ignorance became my tool of persuasion. We eventually finished the shoot. I told her my sister just ran the Tokyo Marathon. She said she had done it once before. My pen ran out of ink when she was writing her name and address. She took me to her house to get a another one, and asked me to keep it.

ジョギングをしている女性に声をかけて、ビデオを撮ってもらえないかと頼んでみた。明るい調子で返事をしてくれたが、うまく撮れないかも…と躊躇しているような感じだった。私には彼女の言っていること全部はよくわからなかったので、逆に自分のその無知を武器にして説得に努めた。私たちは何とか撮影を終えた。私の妹がついこないだ東京マラソンで走ったばかりだと話すと、東京マラソンには私も一度出たことがあると彼女は答えた。名前と住所を書いてもらっている途中で私のペンのインクが切れてしまった。彼女は私を家まで連れて行き、ペンを貸してくれた。そのペンはどうぞお持ちになってください、と彼女は言った。

P1011475

P1011499

Passing the bridge over Natori River, I turned right toward the ocean. I have been yo-yoing between the main road and the ocean, making the trek longer than the direct path. I found a new levee, but decided to walk along the broken canal bank. It was a bit closer to the ocean. I had no idea how far I can go. The area was closed. I was all by myself. I tiptoed over a damaged section, telling myself it’s calculated risk, not recklessness. Then another, and another. Finally the gap was too wide and filled with water. I thought great, I have to go back.

名取川の橋を渡ると、海に向かって右側に進路を取った。歩き始めてからこのかた、私はまっすぐに進路を取らず、幹線道路と海岸線の間を行ったり来たりし続けている。そうして 旅の道のりをもっと長くしている。新しく建設された堤防を見つけたが、壊れた護岸沿いに歩いて行ってみることにした。その方が海により近づけると思ったからだ。どこまで行けるのかは見当もつかなかった。辺り一帯は閉鎖されていて、見渡す限り私はたった一人だった。 これは計画的なリスクであって、向こう見ずな行動ではないと自分に言い聞かせながら、私は損壊した護岸の上をそろそろとつま先立ちで歩いていった。損壊箇所をひとつ越えるとまたひとつ、そしてまたひとつ。そうしてついに裂け目が大きすぎて、満水状態になっているところに来た。しめた、と私は思った。これならもう引き返すしかない。

Screen-Shot-2014-03-07-at-8.58.02-AM

Screen-Shot-2014-03-07-at-9.31.25-AM

Screen-Shot-2014-03-07-at-8.58.35-AM

I turned around and there was an old man. We were surprised to see each other. We started to communicate. I did not understand most of it, but could tell he was talking about the tsunami. My Japanese is just good enough to get people talking, but it does not mean I can follow. I try to record them as much as I can. They will be translated later. The old man’s name is 平山勇作. I called him grandpa. He lost most of his teeth, and may be close to 70 years old. He took some footage for me by the canal. Then we bid farewell. He asked me to be careful, pointing at my shoes. I negotiated through muds and tall miscanthus to the nearest levee. I wanted to gesture him that I was safe, but could not find him.

In Chinese folklore, the Bodhisattva often turns into human form to help people in need, then vanishes in thin air. 平山 grandpa. Are you a Bodhisattva?

振り返ると、そこに一人の老人が立っていた。お互い、こんなところに自分以外の人間が立っているのに最初はびっくりしたが、私たちはすぐに話し始めた。彼の言っていることは私にはほとんどわからなかったが、津波について話しているということだけはわかった。私の日本語は、かろうじて相手に話しかけ、会話のきっかけを作るところまではできるのだが、その後の会話についていくのが難しい。出会った人々との会話はできる限り録音しておいて、後で訳してもらうつもりでいる。老人の名前は「平山勇作」。(訳者注:この時点では、著者は彼の名前を聞き取ることができず、彼に紙に書いてもらった名前をそのまま日記に書き写しています。)ここでは仮におじいちゃんと呼ぶことにしたい。おじいちゃんは歯がほとんど抜けていて、おそらく70に近い年齢だろう。護岸沿いで少しビデオを撮影してもらった後、私たちは別れの挨拶をした。おじいちゃんは私の靴を指差しながら、気をつけて行くんだよ、と言ってくれた。泥と背の高い茅の茂みをかき分けながら一番近くの堤防まで何とか辿りつくと、私は振り返って、もう大丈夫だから、とおじいちゃんに身振りで伝えようとした。だがおじいちゃんはもうそこにはいなかった。

中国の昔話では、しばしば菩薩さまが人間に姿を変えて、困っている人を助けに現れるという話が出てくる。そして菩薩さまは最後はいつも空気のなかにすーっと消えてしまう。平山のおじいちゃん。あなたは菩薩さまだったのですか?

P1011509

I stopped a high school girl on a bike later. She was apprehensive and declined my invitation to film. It was the first rejection after a dozen tries. I considered it a good thing. The failure will keep me grounded.

しばらく行くと、自転車に乗った高校生の少女に出会い、話しかけてみた。彼女はちょっと不安そうな顔つきをして、ビデオを撮ってみませんかという私の誘いを断った。ビデオ撮影を頼むのは12人目だが、断られたのはこれが最初だ。だがそれはそれでいいと思う。失敗もたまにした方が、地に足をつけていられるから。

Screen-Shot-2014-03-07-at-9.11.16-AM

Toward the end of the walk, I was checking my map in front of a mall with a ferris wheel. The security guard offered to help. He seemed interested in talking to me and we started to chat. He joked that he speaks broken English. Anyone can say “broken English” speaks decent English, I thought. He is a photographer. “Canon is the best!”, he said. I asked him to film. He radioed for permission, but was declined. I could tell he really wanted to do it. I asked him to pose a picture for me with my camera.

今日の道行きの最後の辺り、観覧車のあるショッピングセンターの前で地図を広げていると、ガードマンの男性が大丈夫ですかと聞きにきてくれた。彼は私に興味をもったようで、話しかけたそうにしていたので、私たちはおしゃべりを始めた。彼は「ブロークン・イングリッシュ」しかしゃべれないんだけど、と冗談めかして言ったが、”broken English”という言葉を使える人は、たいてい皆かなりの英語を話せる人だと私は内心思った。彼はカメラ愛好家で、彼によれば「キャノンが一番!」。彼にビデオを撮ってもらえるかと訊いてみた。彼は無線で上司に許可を願い出たが、答えはノーだった。ビデオを撮れなくてかなりがっかりしているのは傍目にも明らかだった。私は、写真に撮りたいので、私のカメラを持ってポーズしてほしいと彼に頼んだ。

P1011530

I developed a cramp on my lower right leg in the last few miles. The toes on right foot were a bit tender. Was it the cold temperature? I was slightly depressed. Iwate seems so far away, and I am limping already. Looking in the mirror, I look tired. The adrenaline rush in the first week is running low now. I will take a hot bath and see if it can drive the fatigue away.

最後の数マイルで、右足のふくらはぎがこむら返りになった。右足のつま先の方も少し痛くなっていた。寒さのせいだろうか? 私は心なしか憂鬱になった。岩手はまだまだはるか先なのに、もう足をひきずっているなんて。鏡を見ると、顔がひどく疲れてみえる。最初の週のアドレナリン・ラッシュも過ぎ去って、今ではアドレナリンが底をついてしまったかのような感じだ。今夜は熱い風呂につかることにしよう。それで疲れを追い払ってしまえればいいのだが。

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

Day 7, March 6th, GPS Track Google Map, 22 kilometers

One thought

  1. An exciting, fruitful, and tough week! Hopefully that hot bath would give you a lift in energy level and spirit! Keep up the good work and stay safe!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *