Day 6, Mar 5th, Sendai 仙台

I took a maintenance break today. My shoulder and back were really sore. My knees felt rusted. Overall I was ok. I continued to work, nonetheless, spending all morning on writing and photos. I made a short train ride to Sendai in the afternoon. I was scheduled to meet with Sotaro Okamoto, curator at the Sendai Mediatheque.

Sendai Mediatheque is a center for activities in the fields of art and film. It is also home for an extensive video/film archive titled “Center for Remembering 3.11.” The center collects footage ranging from home videos, feature length films, to documentaries made by amateurs and professionals. They also provide equipment for volunteers to make their own video stories. Most of the material is online. Some of them are available for checkout from the library. I hope to share my footage with them in the future.

今日は体を休める日にすることにした。肩と背中がものすごく痛い。膝もまるで錆び付いたような感じだ。体そのものは大丈夫だが。体は痛かったが、それでも午前中いっぱいブログのポストを書いたり写真の整理をしたりして、仕事はかなり進めた。午後は電車で仙台市へ。せんだいメディアテークのキュレーター、岡本想太郎氏に会うことになっていたからだ。

せんだいメディアテークは美術と映像文化の活動拠点だ。ここでは「3がつ11にちをわすれないためにセンター」という、3.11に関する様々なビデオ・映像を記録保存するプロジェクトを行っており、アマ・プロによる違いを問わず、ホームビデオから長編映画、ドキュメンタリーに至るまで、多岐にわたる映像を集めている。誰でもが自分自身のビデオ作品を作れるよう、ボランティアに器材を貸し出すサービスも行っている。保存されている映像の大部分はオンラインで公開されていて、一部については付属図書館から借り出しできるようにもなっている。いずれ、私自身の映像もここでシェアされるようにしたいと考えている。

IMG_0209

I showed Sotaro my project and let him try my camera. He showed me around. The center is on 7th floor. It was severely damaged and moved to 2nd floor before it was restored. Since then a big part of it serves as a information center for the earthquake. There are photo archives of before and after shots in the region.

想太郎に私のプロジェクトを見せた。彼は私のカメラを試してみたりした後、センターの中を案内してくれた。せんだいメディアテークは震災で大きな被害を受け、9ヶ月間の閉館をへて、以降、震災に向き合う事業を主要部分にすえる形で再開した。震災地域の、震災以前と以後の写真アーカイブもある。

P1011458Sendai Mediatheque after earthquake

P1011462

P1011464Sotaro was from Tokyo. He came for the job at the Mediatheque. The earthquake hit on the second day after his arrival. His father was with him, too. His train arrived just moments before the earthquake. They managed to escape to the west coast and then back home. It is hard to say whether they were fortunate or unfortunate. Maybe both.

想太郎は東京出身で、メディアテークでの仕事のために仙台へ出てきた。地震は彼の到着二日目に起こった。父親も一緒に仙台へきていて、彼らの乗っていた電車が駅に到着した直後に地震が起きた。彼らは何とか西海岸の方へ逃れ、そこから家へ帰ったという。彼らを幸運と呼ぶか不運と呼ぶか、それは難しいところだ。おそらくはその両方だろう。

On my way back, I felt I was on the wrong train. It has not started yet and I asked a couple of people where it was heading. My Japanese was nowhere near polished, and they did not want to deal with me. It is ironic that the more crowded the place, the more distant the people. Then someone grabbed me and called my name. I was confused for a moment, then I realized he was Masanori from Yamamoto, husband of the hotel lady. We were very excited. What are the odds!

帰りの電車に乗ったものの、どうも間違った電車に乗ったような気がしてならなかった。まだ出発する前だったので、周囲の乗客何人かに、この電車は何行きですか、と尋ねてみた。だが私の日本語はこなれているとは言いがたく、誰も私に関わろうとしてくれなかった。人が多く集まる場所ほど、人がよそよそしくなるのは皮肉なものだ。そのとき、誰かが私の肩をつかみ、私の名前を呼んだ。一瞬何が起きたのか分からなかったが、次の瞬間、山元町で泊まった旅館のおかみさんのご主人、マサノリだと気づいた。なんという奇遇!私たちは2人でこの再会を喜びあった。

IMG_0223

Masanori makes 2 hour commute to Sendai everyday. He works at an urban design company. He flipped open his smartphone, and there was my blog. They followed my posts everyday. I wanted to ask him out for a drink. Considering his commute, however, I decided not to. He gave me his cards and we said goodbye. I held the cards all the way back on my train. I couldn’t stop smiling. There were miracles everyday.

マサノリは仙台の都市設計会社に勤務していて、毎日仙台まで二時間の長距離通勤をしている。マサノリがスマホを開いて見せてくれると、画面は私のブログだった。彼らは私のブログを毎日チェックしてくれているらしい。一杯飲まないかと誘いたかったが、彼が毎日通勤している距離を思い、踏みとどまった。マサノリは別れ際に名刺を一枚くれた。帰りの電車に乗っている間中、私はずっとその名刺を手に持って眺め、笑みを抑えることができなかった。奇跡は毎日起こるのだと思いながら。

Japanese translation by Michiko Owaki 日本語訳:大脇美智子

3 thoughts

  1. Liouさん、こんにちは。Hello, Mr. Liou.
    英語が得意ではないので日本語でコメントします。
    Sorry, I’m not good at English…

    2日前の3月4日(Mar 4)に、岩沼市(Iwanuma City)の阿武隈橋(Abukuma-Bridge)で会った者です。
    お会いした日は太陽が出ていて良かったのですが、昨日、今日と、雨や風があって移動するだけでも大変だったと思います。
    それでも、宮城の中心地の仙台市まで着いたようで何よりです。
    明日からもしばらく気温の低い日が続きますが、体調に気をつけて撮影頑張ってください!
    失礼しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *