Day 5, Mar 4, Watari-Natori 亘理-名取

Izumi said he wanted to help today. I was not sure what he meant. I didn’t want to bother him again, so I left without telling him. The weather was sunny and cool. The area has a rubber factory and a paper mill. The smell reminded me of Savannah, Georgia, where I spent my first year in the US. I crossed a long bridge into Iwanuma. On the bridge, I stopped a bike commuter and asked him to film for me. He seemed to be in a hurry, but gladly finished the shoot.

和泉が、今日は自分も手伝いたい、と言ってきた。どういう意味で言ったのかよく分からず、彼をまた煩わせるのは気がひけたので、彼に黙って宿を発った。とてもいい天気で、空気がひんやりしている。この辺りにはゴム工場と製紙工場がある。その匂いで、私がアメリカで初めて住んだ町、ジョージア州サヴァンナのことを思い出した。岩沼市に入る長い橋を渡る。橋の上で一人の自転車通勤者に声をかけ、私のためにビデオ撮影をしてもらえないかと頼んだ。彼は道を急いでいるようだったが、快く撮影を引き受けてくれた。

P1011386

I turned east towards the ocean after the bridge. Walking along the river, I saw 2 guys flying remote controlled airplanes and a helicopter. I approached them, and they were surprised. It took me just 2 minutes to get the older man to film for me. I’m getting good at it, I thought. Mr. Izumi is a 62-year-old retired salaryman, and apparently a remote controlled airplane enthusiast. He made all 3 of them by himself. “Original design”, he said.

橋を渡ると、そこからは東に進路を取り、海へ向かった。川沿いを歩いて行くと、2人の男性がリモコンの飛行機とヘリコプターを飛ばしているのに行きあった。私が近づいて行くと2人は驚いたようだったが、ものの2分ほど説明しただけで、年上の方の男性が、私のためにビデオ撮影をするのに同意してくれた。なかなかいいぞ、コツをつかんできたようだ、と心の中で思う。イズミさんは62歳、定年後の元サラリーマンで、明らかにリモコン飛行機を飛ばすのが趣味らしい。持っていた3つともが自作で、「全部オリジナルデザインだよ」と彼は言った。

remote

After learning about my project, the man in sunglasses tried to say something, but I had a hard time understanding it. I finally figured out his mother was swept away along with the house just south of here. He is the first person I met who’s family was affected. He did not look sad and was smiling the whole time. I shouldn’t assume anything. He probably didn’t want me to feel bad. It is a discretion I understand by heart.

私のプロジェクトを説明すると、サングラスの男性が私に話しかけてきた。だが最初なかなか彼の言っていることが聞き取れなかった。時間をかけてようやくわかったのは、どうやら彼の母親がここからすぐ南にあった家もろとも流されてしまったらしいということだった。家族を津波で実際に失ったという人に会うのはこれが初めてだ。彼は悲しそうな顔は見せず、終始笑みを絶やさなかった。だがそれをあれこれと解釈しようとは思わなかった。おそらく、私に居心地の悪い思いをさせないようにと気をつかってくれていたのかもしれない。私は彼の気遣いを心の中で了解した。

P1011392

Izumi called. He wanted to come. I had no idea how to explain my location, though. Communication in person is a lot easier than on the phone. I told him I’ll be fine and thanked him for trying to help. “I want to come”, he said again in English, sounding very concerned. I asked him to call an hour later.

和泉が電話をかけてきた。私のところへ来たいと言う。だが今いる場所を彼に説明するのは私には不可能だった。電話でのコミュニケーションは、目の前にいる相手とのコミュニケーションとは訳が違う。助けようとしてくれてありがとう、でも大丈夫だから、と私は彼に伝えたが、”I want to come” (「本当に行きたいんだ」)と彼は再び、英語で言い、その声からはひどく心配そうな様子が伝わってきた。私は彼に一時間後にまた電話してくれるようにと頼んだ。

IMG_0180

I found a convent store and had lunch there. It’s a luxury, actually, on my trail. Rice ball, grilled chicken, Oden soup… No complaints. Izumi called again and I handed the phone to the store attendant. She pointed the direction to the airport. I thought that was it, and moved on. 5 minutes later, I heard someone calling my name. It was Izumi! He was determined. We were glad to see each other. We drove to the beach, but the entire shoreline was closed for levee construction. The levee stretches all the way from Yamamoto to here. I may not be able to see the ocean for a few more days.

コンビニエンス・ストアを見つけて、そこで昼食を調達。私の行脚では、これは実はかなりの贅沢だ。おにぎり、照り焼きチキン、おでん。上々だ。和泉がまた電話をしてくれたので、お店の人に電話に出てもらった。彼女は空港への道順を説明してくれた。なるほどその手があった、と私は思い、空港へ向かって歩き出した。その5分後、誰かが私を呼ぶ声が聞こえた。和泉だった! イズミの決心はそれほど固かったのだ。ようやく出会えたことを2人で喜びあった。そこからイズミの車でビーチへ行ってみた。だが、海岸線は端から端まで全部、堤防工事のために閉鎖されていた。堤防は山元町からここまで一続きに続いている。あと数日は海を見られないかも、と思った。

izumi

P1011402

Izumi started a T-shirt fundraising campaign called “One Town, One Heart.” The proceeds will be used to donate clothing for children who were affected by the tsunami. I will post his web site once I receive it. We drove around some more and saw a solar energy farm. I took a few photos and decided to resume my walk. Izumi invited me to come back when the project is finished. “Yakiniku, shochu, sake, party”, he said and gestured drinking. Sounds like a plan, I thought. I felt very attached to them already.

和泉は、「One Town One Heart」という震災復興支援チャリティTシャツを売る活動の発起人だ。売り上げは、津波の被害を受けた子どもたちの服を買うための資金として使われる。活動のウェブサイトは、イズミから受け取り次第、このブログにもポストするつもりだ。私たちはさらにもう少し車で回り、太陽光発電所を見に行った。そこで写真を数枚撮った後、再び歩くことにした。イズミは、プロジェクトが全て終わったら、その暁にはぜひまたここに戻ってきてほしいと言う。「ヤキニク、ショウチュウ、サケ、パーティ」と言いながら、彼は酒を飲む真似をしてみせた。それはいい考えだ、と私は思った。私も既に彼らに大きな愛着を感じ、離れがたい気持ちになっている。

P1011414

The flooded Sendai airport was one of the most iconic image of the 2011 tsunami. I was obliged to go. I bet no one reading this has walked to an airport. I have been walking for a while, but still felt weird about the idea. In the airport there were photos, public statements, and recovery slogans. Flags of organizations sent from all over Japan hung from the ceiling. One cannot ignore that this was at the heart of the disaster zone.

浸水した仙台空港は、2011年の津波被害の最も象徴的なイメージのひとつだ。ここを外すわけにはいかない。このブログを読んでいる人のなかで、空港へ歩いて行ったことのある人はいるだろうか。まずいないだろうと思う。私はこれまでかなり歩いてきた方だが、それでも空港へ「歩いて」行くということに、何か奇妙な感じがぬぐえなかった。空港に着くと、そこには写真や公共団体の声明文、復興スローガンなどがあふれていた。天井からは、日本全国各地の各種団体から送られた色とりどりの旗が吊り下がっている。ここが災害地域の核心的な場所だということは誰の目にも明らかだ。

P1011434

I went to the back of the airport under the landing path. I saw airplane after airplane roaring over my head. A man near by was taking photos. I asked him to film for me and he gladly agreed. He works at the airport as a luggage loader. He was stranded at the airport for 3 days when the waves came. I thought I was very lucky, like finding an important piece of a puzzle. I have 10 video-volunteers already. All the people I met were so nice. I sensed they were eager to tell their story. At the end, it was me who had to end the conversation. Otherwise we could go on and on.

着陸航路の下を通って、空港の奥の方へ行ってみた。飛行機が次から次へとうなりをあげて私の頭上をかすめていく。この近くで写真を撮っている男性を見かけたので、ビデオ撮影をしてもらえないかと頼んでみたら、快諾してくれた。彼は空港で荷物積みの仕事をしていて、津波が襲ったときには3日間空港に立ち往生になったそうだ。これはついてるぞ、と思った。ジグゾーパズルで重要なピースを見つけたような感じだ。ビデオ撮影ボランティアも既に10人も見つけた。これまで出会った人たちは皆とてもいい人ばかりだ。皆、それぞれに自分のストーリーを誰かに語りたいと望んでいるのだろうと思う。最後にやむなく会話を終わらせたのは私だった。でなければ、話はいつまででも続いただろう。

P1011452

Japanese translation by Michiko Owaki 日本語訳:大脇美智子

Day 5, March 4th, GPS Track on Google Map: Part 1, 16 kilometers

Day 5, March 4th, GPS Track on Google Map: Part 2, 5.7 kilometers

 

 

One thought

  1. You’re a great story-teller. I think these blogs and photos are a great gateway to introduce people into the later film footage. Such a compelling prelude filled with stories of human interests that will prepare and raise the anticipation for the entire repertoire.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *