Day2, Mar 1st, Soma 相馬

Mr. Mori said rain is in the forecast today. It may even snow on Sunday. My routing plan is to hug the shoreline as much as I can. Given the weather condition and yesterday’s initial shock, I decided to give my body a break. The majority of today’s walk was on Highway 6, one of the main roads connecting Tokyo to Miyagi Prefecture.

My body seemed to have recovered well enough. The walk was relatively uneventful and shorter than day 1. Fortunately it didn’t rain. There was a lot of traffic. In areas without pedestrian pavement, I could get a bit too close to the road. Most drivers are nice, though. They move away from me when possible. Yesterday a truck completely stopped and waited for me to pass, but that was in the middle of nowhere. There is no stopping on Highway 6.

森さんが、今日は雨が降ると言った。日曜は、もしかすると雪になるかもしれない。私の旅のプランは、海岸線にできるかぎり沿うというものだ。天候と、昨日感じた最初の衝撃を考えて、私は身体を休めることにした。今日は主に国道6号──東京と宮城をつなぐ幹線道路──にそって歩くことにした。

私の体力はかなり回復したらしい。歩行はとくに変わったこともなく、一日目に比べると短いものになった。幸いなことに雨にはならなかった。渋滞がすごい。歩道がないエリアでは、車に近づきすぎてしまうこともあるが、ほとんどのドライバーは優しい。彼らはなるべく離れてはしってくれようとする。昨日はトラックが完全に停まってくれ、私が通りすぎるのを待ってくれた。でもそれは車の通りがほとんどない無人地帯での話だ。高速6号線ならこうはいかないだろう。

P1011227

I saw a broken bike on the side of a road, above ground level. It dawned on me that it could have been swept up here. The highway is only 2 kilometers from the water. I could almost imagine the waves crushing into the rice field, flowing as far as my eyes can see.

壊れて路肩に乗り上げた自転車を見つけた。それは、津波でここまで運ばれてきたものだと、私には思えた。国道は海から2キロしか離れていない。私は、津波が水田を襲い、水が見渡すかぎりの土地を満たすのを想像した。

P1011246

I arrived at the hotel at 2pm. It’s still early so I took my camera and looked for local participants. The view in the bay was beautiful. On my way to the fish port, I saw a tourist map about the area on a broken building. The street was once vibrant and filled with shops, restaurant, and hotels. It’s Saturday today, all I could see were construction workers.

ホテルには午後二時についた。まだ早かったので、カメラを持って地元の協力者たちを探すことにした。漁港へ行く途中、壊れたビルの上に立てられた旅行者向けの地図を見つけた。この通りはかつては賑わっていて、レストランやホテルなど、たくさんの店が並んでいた。今日は土曜だったので、私が見たのは全部、建設現場の労働者たちだった。

IMG_0062

I saw 3 girls playing by the boats. I approached them. They were shy for… 15 seconds. They loved my camera and one of them, Yasami, immediately volunteered to take video for me. They ended up taking turns. They said they’re 12 years old. I thought that’s exactly Vivian’s age had her been with us. After we finished, Yasami asked if I wanted to shoot on the outer barrier. They took me there and we got great footage. They were chatting and laughing the whole time. They asked if I were on vacation. I said this is the busiest vacation I’ve ever had. They said there were at school when the tsunami hit. Yasami’s grandfather owns a boat here. Fortunately he was ok.

ボートのそばで三人の女の子が遊んでいるのをみつけた。彼女たちは、15秒くらい恥ずかしそうにしていた。彼女たちは私のカメラが気に入ったらしく、ヤサミという名前の子がすぐに協力してくれ、私のためにビデオを撮ってくれた。彼女たちは、みんな12才だと言った。私は、ヴィヴィアンが生きていればまさにおなじ年齢だと思った。話し終わると、ヤサミが防潮堤を撮りたいかと聞いてきた。彼女たちは私をそこへ連れて行ってくれたので、素晴らしいカットが撮影できた。彼女たちはずっと話しながら、よく笑った。彼女たちは私が休暇で来たのかと聞いた。私は、これは私の人生で一番忙しい休暇かも、と答えた。彼女たちは、津波のとき学校にいた。ヤサミのお爺さんはここで船を所有していたが、幸い彼は無事だった。

IMG_0072

During dinner, the son of the owner, Hiroyuki, came talk to me. He gave me big thumbs up for my Japanese. The hotel was flooded during the tsunami, but left relatively unscathed. They stayed in the hotel because the grandparents couldn’t leave. Hiroyuki showed me a map and explained how the hills by the ocean saved a small area here. Otherwise everything could have been wiped out. He played a tsunami video on TV taken near where I met the girls. The other guests came in and all of a sudden we had a tsunami conference. There are a lot of videos on youtube, but this one is different. I was watching it on location.

夕飯のとき、ホテルの主人の息子のヒロユキが話しかけてきた。彼は私の日本語を聞いて、大きく親指を立てるサインを送った。ホテルは津波の被害にあったが、比較的無傷ですんだ。彼ら一家はホテルにとどまった。曾祖父母がそこから動けなかったからだ。ヒロユキは地図を広げて、海沿いの丘が、どのようにこの小さいエリアを守ったか、説明してくれた。そうでなければ全てが波にさらわれてしまっただろう。彼は先ほど女の子たちに会った場所の近くで撮ったという、津波のビデオをテレビで見せてくれた。ほかの客たちも近寄って来て、急に津波についての会議が始まった。ユーチューブなどにはたくさんの津波のビデオがあるが、この映像は違う。私は、それを物事が起こったまさにその場所で見ているのだ。

IMG_0079

tsunami video

The hotel has a public bath and I took a nice hot soak. My body really needs it. Tomorrow I’ll be soaking in freezing rain.

ホテルには大浴場があって、私はそこでゆっくり湯に浸かることができた。私の身体は、本当にそれを欲していた。明日は、冷たい雨のなかに浸ることになるだろう。

Japanese translation by Takashi Arai  日本語訳:新井卓

Day 2, March 1st, GPS Track on Google Map, 13.4 kilometers

One thought

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *