Mori Family

It’s difficult to find hotels between towns in this area. My friend Takashi recommended a B&B farm house  between Minamisoma and Soma, and that’s where I went. My first night in the field. I was greeted by Mrs. Mori and her mother. I knew from that moment I was in the right place. They were extremely kind and cheerful. I told them I had walked here and showed granny the map on my iPhone, like a little boy proudly displaying his toy. She was amazed and said I was smart. I couldn’t understand her at all, though. The Tohoku accent was so thick. Mrs. Mori had to translate it to regular Japanese to me, which was a language I needed translation to start with.

この地域では町と町の間に宿を見つけるのは難しい。友人のタカシに、南相馬と相馬の間にある農家のB&Bを紹介してもらった。そこは私が行ったところだった。田んぼの中での私の最初の夜。森夫人と彼女の母親に出迎えられた。私は、正しい場所に来たということがその瞬間から分かった。彼らは非常に親切で明るい人たちであった。私がここまで歩いてきたことを話した。そして、おもちゃを誇らしげに見せる小さな男の子のように、おばあちゃんにiPhoneでその地図を見せた。すっかり関心した様子で、彼女は私がスマートであると言った。私は全く彼女を理解できなかったのだが。とても東北訛りが強かった。森夫人は、彼女の言葉を標準語の日本語に通訳しなければならなかった。そもそも、私にはその日本語こそ通訳が必要なのだが。

P1011208

Mrs. Mori knew how to speak to a foreigner, very slowly, with each intonation clearly spelled out. I felt I can understand her even with words I don’t know. Despite that, I was a little nervous about having dinner with them. My Japanese will be tested. Will they be uncomfortable? Well, we ended up drinking and chatting for 2 and a half hours.

森夫人は、とてもゆっくりと、そしてはっきりそれぞれのイントネーションを発音するという、外国人に対する適切な話し方を心得ていた。自分にはわからない言葉でもなんとなく理解できたような気がした。そうではあったが、彼らと夕食を共にすることに少し緊張していた。自分の日本語が試されるのだ。もしかしたら彼らを変な気分にさせるのではないか。しかし、結局のところ、お酒を飲みかわし、2時間半も話すこととなった。

Mr. Mori is probably in his 50s. Compared to Mrs. Mori, he’s more cautious in the beginning. But he was too curious about me, and soon brought his Shochu (Japanese liquor) and sat next to me. We started talking, about everything. The family has been farming rice organically for 30 years. They hand pulled the weeds and didn’t use chemicals. Tsunami marched inland for 4 kilometers and flooded his land. The farm was prohibited from growing since then due to radiation hazard. They live 34 kilometers northwest of the nuclear power plant. I pulled out my Geiger counter and it’s the same level as Tokyo or Bloomington. Mori was frustrated about the regulation. He thought people in Tokyo were paranoid. You can tell he took prize in his crops. They used to produce 20 tons of rice each year. Despite the uncertainty, they are eager to start growing next year when the ban is lifted.

おそらく、森さんは50代だろう。最初、彼は森夫人と比べると警戒した様子だったが、私に対する興味を抑えきれず、間も無くすると焼酎(日本のお酒)を持って来て、私の横に座った。私たちは、あらゆることについて話し始めた。その一家は、30年もの間、有機栽培で米を作ってきた。種を手植えして、農薬は使っていなかった。津波が4kmも内陸に侵入し、彼の土地は流された。それ以来、放射能の危険性により、彼の農地は栽培を禁止された。原発から34キロ北西に離れたところに彼らは住んでいる。ガイガーカウンターを取り出してみると、示した数値は、東京、ブルーミントンと変わらなかった。森さんは規制に憤りを感じていた。東京の人々は、誇大妄想を抱いていると彼は考えていた。彼の作物が受賞歴さえあることは一目瞭然だ。彼らはかつて、毎年20トンの米を生産していた。彼らは、不確かな要素があるにも関わらず、規制が緩和されれば来年からまた栽培を始めることを強く願っている。

P1011198

Mrs. Mori seems to handle most the B&B practice. I found out she was invited to speak at B&B conferences in the area. The practice provided modest income in difficult time. They were actually featured in numerous TV programs (including one from Hong Kong) and local farmer’s newspaper. They are more excited about their son’s wedding, though, which is next week! We continued on topics about my family, our common friend Takashi, ariel photo of the farm taken 20 years ago, Taiwan-China politics, panda, and more. When it got complicated we used Kanji to communicate. It always worked well in my experience.

B&Bの運営はほとんどすべて森夫人が取り仕切っているようだ。彼女は地域のB&Bの会議で講演に招かれたこともある。その運営は、困難な時期には、彼らにわずかな収入しかもたらさなかった。実は、彼らは、数々のテレビ番組(香港を含む)、地元農家の新聞などで紹介されていた。そうではあるが、彼らにとっては、来週に予定している彼らの息子の結婚式のほうが、ずっと楽しみなことのようだった。話題は、私の家族、私たちの共通の友人であるタカシのこと、台湾・中国間の政治、パンダなどへと続いていった。会話が難しくなったときには、言いたいことを伝えるために漢字をつかった。経験から言って、そうすると必ずうまくいく。

IMG_0045

The dinner was a feast. I told Mrs. Mori it was like great restaurant food, then she kept bringing out more dishes. Everything was well prepared. The breakfast was delicious, too. I’ve never had clam miso soup and it cured my hangover. They eventually sent me off with a Bento. I didn’t want to leave.

夕食はご馳走だった。美味しいレストランの料理のようだと森夫人に伝えると、立て続けに別の料理を出してくれた。全て手の込んだ料理だった。朝食も美味しかった。貝の味噌汁を食べたのはこれが初めてだったのだが、二日酔いにはとてもよかった。最後には、私に弁当を渡して見送ってくれた。私はそこを離れたくなかった。

IMG_0042

IMG_0058

P1011213

Japanese translation by Kurumi Kido   日本語訳:城戸 久瑠実

4 thoughts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *