Day 1, Feb 28th, Minamisoma 南相馬

I wanted to start my walk from Yasaka Shrine by the ocean, some 20km north of the Fukushima Nuclear Power Plant. It was established and dedicated to the victim of the tsunami. I took some photos and saw a graveyard nearby. Many of the headstones and structures were swept away. Public sign indicated that restoration is underway. The graveyard then became my launching point. I thought it was appropriate.

福島の原発から20kmほど北に離れた沿岸にある八坂神社から歩き始めようと思っていた。津波の被害者を弔うために建てられた神社だ。そこで何枚か写真を撮っていると、近くに墓地があるのが見えた。多くの墓石や構造が津波で流されてしまっていた。標識には修復工事中とある。そうして、この墓地がこの旅の出発点となった。そここそふさわしい場所だと思えた。

P1011041

P1011043

P1011064

I went north and soon found a coal-fire power plant. Perhaps electricity is going to be the theme of this trip. There are signs about the Tohoku Electric Power Company everywhere, either pointing to their facility or as part of the outreach program.

北に歩いて程なくすると、焼け焦げた発電所を見つけた。おそらく、この旅のテーマとなるのは電力となるであろう。東北電力の施設、もしくはその関連事業を示す看板がそこらじゅうに見受けられた。

P1011100

P1011105

I have to say the last thing I would expect in these waters is a surfer. Just north of the fire power plant, on an abandon swimming beach, I spotted 10 of them. How incredible! I approached them and asked to take photos. They agreed without emotion. Maybe it’s rude both for me to ask and for them to decline. I tentatively asked one of them to shoot a video for me. She became my first local participant!

サーファーなどというものはこの水辺で決して遭遇するはずがないと思っていたが、火力発電所からすぐ北にあるさびれた海水浴場に、10人ほど彼らの姿をみかけた。なんということだろう。近づき、写真を撮っていいかと尋ねた。彼らは、何も感情を示すことなく同意してくれた。おそらく、自分がそう頼むこと、または、彼らがその頼みを断ること、その両方がお互いにとって失礼なことだったのだろう。その中の一人に、少し動画を撮ってもらうよう頼んでみた。彼女が地元で一番最初の協力者となった。

P1011107

It turns out that Fuko Obaru is an artist. She graduated from Tokyo University of Fine Arts and moved to this area 6 years ago. She was close to the nuclear power plant when the tsunami hit. It burned for a month, she said, and it was scary. I asked her if she’s concerned about the radiation in the water. She drew a question mark on my notebook. With quite determination, she said she found inspiration from the ocean for her art. Her heart was calm whenever she’s in the water. Perhaps a surfer would understand.

オバル・フウコはアーティストだということがわかった。東京芸大を卒業したのち、6年前からこの土地にいるのだそうだ。津波に襲われた際、彼女は原発からすぐ近くのところにいた。曰く、原発は一ヶ月ほど燃え続け、恐い思いをしたとのことだ。水中の放射能は気にならないのかと尋ねた。そうすると、彼女は私のノートにクエスチョンマークを描いた。彼女は、はっきりと心に決めた様子で、彼女にとって、制作のインスピレーションを得られるのは海からなのだと言った。水の中にさえいればいつでも彼女の心は穏やかなのだそうだ。おそらくサーファーなら気持ちが分かるのであろう。

The Japanese like the aesthetics and the implied perseverance of a lone standing pine tree (ㄧ本松). They are in the news as symbols of miraculous survival or recovery. I walked by 2 of them. One unfortunately is dead. I think I might see more on the road.

日本人は、一本松の美学とその奥に秘めた力強さを好む。それらは奇跡的な生還と回復の象徴としてニュースで報じられていた。2本ほどこのような松を横切ったが、そのひとつは残念なことに枯れてしまっていた。道中このような松をまたいくつか見るのだろう。

P1011172

P1011161

Finished the first walk, my body was in shock. Jet lag plus physical fatigue. My mind was not attached to the body. Took me an hour to plug in all the equipment for charging. I slowly gained my consciousness back and started to make calls for hotel reservation the next day. They are all booked! The hotels are filled with reconstruction workers. Then I found one. The voice on the other side was cordial and patient. We had difficulty understanding each other, but finally confirmed it (with a meal plan!). It’s the first reservation by myself. Very proud.

初日の歩きを終えたころ、私の体は衝撃を受けていた。時差ボケと体の疲れだ。私の精神は、体から切り離されたようだった。充電をするために機械をプラグインするのに一時間ほどかかってしまった。ゆっくりと意識を取り戻し、次の日の宿を予約するために電話をかけはじめた。すべて満室だった。復興工事作業員で埋め尽くされていた。その後、一件見つかった。電話の向こう側の声は、親切で丁寧だった。お互いを理解し合うのに困難はあったが、最終的に予約を確定できた(しかも、食事付きで。)。自分一人で宿を予約したのはこれが初めてだ。自分が誇らしく思えた。

Japanese translation by Kurumi Kido   日本語訳:城戸久瑠実

Day 1, Feb 28, GPS Track on Google Map, 18 kilometers

One thought

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *