Epilogue

I was a little uneasy and tired when I stepped into the crowded Tokyo Station. It was late at night. The city felt like a distant memory. I did not have time to adjust. It was not necessary. I was on my way back to the U.S. 36 hours later.

I logged about 400 kilometers of foot journey and 26 diaries. 35 local participants took my camera and filmed. It was intense, but worth every second. I am glad that I kept posting. So many thoughts could have been lost had I not been disciplined. Those of you who followed the posts gave me tremendous motivation. Even though I intended to walk alone, it would have been difficult to recount the story to an empty room.

東京駅の人混みの中に足を踏み入れたとき、私は多少の不安と疲れを感じていた。夜遅い時間だった。東京の街が遠い過去の記憶のように感じられた。都会に再び適応するのに体が追いつかなかったのだ。だがその必要もなかった。私はアメリカへの帰路の途中で、36時間後にはアメリカに着く予定だったからだ。

この徒歩の旅で、私は約400kmを歩き、26日分の日記をブログに記録した。35人の地元住民に、協力者として私のカメラを使ってビデオ撮影をしてもらった。厳しい旅だったが、それだけの価値のある旅だった。旅の記録をブログに毎日更新し続けてよかったと思う。そうでなければ、旅の間に感じたこと、考えたことの大部分が失われてしまっただろう。こうして何とか更新を続けてこられたのは、このブログを読んでくださった人々の存在に励まされたからにほかならない。一人で歩くことは私自身の選択だったが、聴き手のいない空っぽの部屋に向かって物語を語るのは難しかったに違いない。

P1011292

I did not respond to your comments on the blog or Facebook. The situation on the ground was overwhelming. I had to stay focused on walking and writing. I appreciate your feedback, nonetheless, and invite you to post more of your thoughts.

The project will turn to a different phase now. I will upload over 100 hours of my raw walking footage in the coming months. You can browse the text and video side by side. The video is certainly not meant to be watched from beginning to end. I hope the existence of this archive creates a mental image. A continuum that is linked by every moment on the ground. Northeast Japan is not a singular space or a point on the map. This is my humble intent to defy generalization.

The footage filmed by the local participants will be processed differently. They will probably be similar to  “Kora”, a piece based on my pilgrimage in Tibet. I will also show them here when they are available.

ブログやFacebook上でいただいたコメントに私は返答を返さなかったが、それは旅の途上で日々出会う状況があまりに圧倒的だったからだ。歩くことと書くことに全神経を集中させておく必要があった。だがいただいたコメントには心から感謝しているし、今後も引き続き、私の記録を読んで感じたことや考えたことをシェアしていただければと願っている。

プロジェクトは今後、異なった局面を迎える。私はこれから数ヶ月間かけて、私が歩きながら撮影した100時間以上に及ぶ映像を未加工のまま順次アップしていくつもりだ。そうすれば、私の文章とビデオを突き合わせながら見られるようになる。もちろん、このビデオは最初から最後まで見ていただくことを意図したものでは全くない。この映像アーカイブをブログに残そうとするのは、それによって、この土地の一瞬一瞬の状況に結びついた、ある種の連続体としてのイメージを作り出したいからである。東北日本と一口に言われるこの地域は、単数形で語りうる場所でもないし、地図上で指差し確認して終わる一点でもない。その意味で、私のブログの映像アーカイブは、一般化や概括を拒もうとするささやかな試みである。

地元の協力者たちによって撮影された映像は、上記の映像アーカイブとは異なった扱いをし、編集加工を加えてひとつの作品にする予定だ。おそらく、私が以前チベット巡礼からつくった作品「コラ(Kora)」に類似した作品になると思う。作品が仕上がったら、こちらもこのサイトで見ていただけるようにするつもりだ。

P1011788

I feel indebted to the people I met during the trip. I was invited to houses, offered food, encouragement, and gestures of appreciation. The good will went both directions. The best way for me to return their kindness is to share these stories. I will be grateful if you could help doing so, too.

Here is the project at a glance.

この旅の途上で出会った人々には非常な恩義を感じている。彼らは私を家に招き、食べ物を提供し、励ましの言葉をかけ、私のプロジェクトへの理解を態度で示してくれた。彼らが私に好意を抱いてくれたのと同じように、私も彼らに非常な好意を感じている。彼らの親切にこたえるために私にできる最善のことは、この私の旅の物語をなるべく多くの人々と分かち合うことだと思う。今これを読んでいるあなたにも、その手助けをしていただけたらとても嬉しい。

以下にこの旅の軌跡を一瞥できるよう、各エントリーを一覧にしてまとめておく。

Prologue プロローグ

Day 1, Minamisoma 南相馬, Shrine, Graveyard, Power plant, and… Surfers. 神社、墓場、原子力発電所、そして…サーファーたち。

Mori Family, Guest house, broken Japanese, long conversation. 民宿、ブロークンな日本語、長い会話。

Day 2, Soma 相馬, Highway, broken bike, tourist fish port with no tourist, local girls, tsunami conference (sort of)… 幹線道路、壊れた自転車、客のいない観光者向け釣り場、地元の少女たち、津波会議(のようなもの)。

Day 3, Soma-Yamamoto 相馬-山元, Another day, another power plant, disappeared railroad, empty school, family visit… 新しい1日、もう一つの発電所、消えた線路、空っぽの学校、ある家族との出会い。

Day 4, Yamamoto-Watari, 山元-亘理, Fellow photographer, yellow handkerchief, strawberry town, walking buddy… 同朋カメラマン、黄色いハンカチ、いちご農家の町、歩きに同行してくれた友人。

Day 5, Watari-Natori 亘理-名取, Factory, bridge, levee, airport. 工場、橋、堤防、空港。

Day 1-5 Walking Video Sample 第1日目—第5日目の歩行中撮影ビデオのサンプル

Day 6, Sendai 仙台, Sendai Mediatheque, Masanori san. 仙台メディアテーク、マサノリさん。

Day 7, Natori-Tagajo 名取-多賀城, Jogger, canel, ferris wheel, security guard, cramp. ジョギングの女性、護岸、観覧車、ガードマン、こむら返り。

Day 8, Tagajo-Matsushima 多賀城-松島, Sake, Snow, Tourist town… not the combination you are thinking about. 酒、雪、観光の町…だがこの組み合わせから普通に想像されるような話ではない。

Day 9, Matsushima-Ishinomaki 松島-石卷, Oyster farmer, kids in graveyard, worker’s tavern. 牡蠣の養殖職人、墓地の子どもたち、復興工事作業員の宿場。

Day 10, Ishinomaki-Onagawa 石卷-女川, Memorials. 記念碑。

Day 11, Situation Room, Backpack, GPS, Plan B… バックパック、GPS、プランB。

Day 12, Rikuzentogura-Utatsu 陸前戶倉-歌津, Anniversary, media spectacle, group therapy, diner. 震災記念日、メディアの視点、グループセラピー、地元のレストラン。

Day 13, Utatsu-Koganezawa 歌津-小金沢, Golden Coast, Construction, First class view,… or not. 黄金海岸、復興工事、最上級の眺め…かどうか。

Day 14, Koganezawa-Kesennuma 小金沢-氣仙沼, Honeymoon suite, Seafood bowl, Gratuity, Rain. ハネムーンスイート、海鮮丼、出会った人からの心遣い、雨。

Day 15, Kesennuma-Rikuzentakata 氣仙沼-陸前高田, Boss, Tunnel, Lone Standing Pine, Soy Sauce Cafe. 「ボス」、トンネル、一本松、醤油会社経営のカフェ。

Day 16, Rikuzentakata-Ofunato 陸前高田-大船渡, My sister. 妹。

Day 17, Ofunato-Sanriku 大船渡-三陸, Mountain hike, tunnel again, shellfish, survival story. 山上ハイク、トンネル再び、ホタテ貝、サバイバル・ストーリー。

Day 18, Okirai-Kamaishi 越喜來-釜石, Purple hair, longest walk, 6 tunnels, moonlit seaport. 紫色の髪、最長距離の歩行、6つのトンネル、月光の港。

Day 19, Kamaishi 釜石, Radiation, Solar energy. 放射線、太陽光エネルギー。

Day 20, Kamaishi-Otsuchi 釜石-大槌, High school students, memory, empty beach. 高校生たち、記憶、誰もいないビーチ。

Day 21, Otsuchi-Yamada 大槌-山田, Tzu Chi, snow storm. 慈済、雪嵐。

Day 22, Yamada-Toyomane 山田-豐間根, Blizzard, tight road, hot spring tavern. ブリザード、雪で幅の狭くなった道、温泉宿。

Day 23, Toyomane-Miyako 豐間根-宮古, Last walk, Miyako, Yakitori. 徒歩の旅最終日、宮古、焼き鳥。

Day 24, Returning to Minamisoma, Fate, Return, Ikebana. 宿命、帰還、いけばな。

Day 25, Namie 浪江, Nuclear plant, wasteland, radiation. 原子力発電所、荒地、放射線。

P1011363

Japanese translation by Michiko Owaki    日本語訳:大脇美智子

 

3 thoughts

  1. What an amazing journey and a fine finale of the blog! I don’t want it to end and want to read more. Looking forward to seeing the video footage soon!

  2. this is simply extraordinary, Arthur. The spare language in which you tell the stories is a perfect vehicle for the deep emotion, grief, and at times, gratitude that speak so clearly to us. Thank you so much. Anya

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *